不安は情報量の不足から

不安は情報量の不足から

みなさま、こんにちは。DSKです。

以前、「不動産投資ってよく分からないから不安です」というお客様がいました。

そのお客様には、不動産投資とはどういうものか、メリットやリスクまでしっかりと説明した結果、ぜひ始めたいということで先日、ご契約を頂きました。

誰でも知らないことは不安ですが、理解すれば行動できるものです。

ということで、本日のテーマは「不安は情報量の不足から」

何でも初めてのものは怖い

投資だけではなく仕事や運動など、何事も初めてやることには不安が付きまといます。

ましてや投資は「危ない」とか「怖い」とか思われやすいです。

特に不動産投資は金額が大きいのでその不安は大きくなると思います。

さらには、今の中高年世代はバブル崩壊で大損をした人達を見てきた世代なので、余計に危ないという考えが多いと思います。

しかし、現在ではまた状況が変わってきています。

不安=情報不足

ただ、不安があるというのは、それに対しての情報が足りていないからです。

「よく分からない」という部分がそのまま不安になります。

極端な事を言うと、真っ暗な中で歩くのは怖いですが明るい所であれば踏み出せますよね。情報がないという事は、その道が暗くて見えないのと同じことなのです。

仕事もそうです。

今思えば簡単なのに、初めての時は不安じゃなかったですか?

必要な情報が手元にあれば不安は減る

暗い道でも街灯があれば、十分歩けます。

仕事や運動もやり方を知ることで、行動できます。

投資も同じで、リスクや対処法が分かっていれば行動に移せます。

行動したとしても、最初は失敗することもあるでしょう。

もし失敗したとしても、間違っている箇所に気づきやすくもなるので、早い段階での修正が可能になります。

修正が出来るようになると、失敗しても大きな痛手にならないと分かり、その分リスクを背負って行動できるようになります。

その繰り返しによってスキルが身につき、より効率的に出来るようになります。

十分な情報が集まったら、行動してみるしかない。

不安があるというのはまだ情報が不足しているからですが、どうしても100%不安が無くなるということは難しいです。

なぜかと言うと、残りの不安に関しては実際にやってみたらどうなのかという「実体験」で埋めることが出来るからです。その不安を埋めるためには、行動をしてみるしかありません。

それに関しては、どんなに情報を集めてもキリがありません。

どうしても、実体験でしか得られない経験があるからです。

したがって、不安を感じている事には情報を集め、リスクや対処法をしっかり把握し、行動してみる。

それが不安をなくす最善の方法になります。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.