一棟ものと区分所有の違い。メリットとデメリットは?

一棟ものと区分所有の違い。メリットとデメリットは?

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、友人に話している中で

「アパート経営とワンルーム投資ってどう違うの?」と聞かれました。

確かに、不動産投資という言葉は聞いていても、細かいことはよくわからないですよね。

ということで、本日のテーマは【一棟ものと区分所有の違い。メリットとデメリットは?】です。

様々な種類のある不動産投資

一口に不動産投資と言っても種類は様々です。

さまざまな種類のなか、まず大きな括りとして「一棟もの」と「区分所有」があります。

簡単に言うと、一棟ものはアパート・マンションまるごと。区分所有はそのアパート・マンションの一室です。

他にも、戸建てのものや土地だけなどもありますが、今回はマンション・アパートについてお話します。

同じマンション投資でも違いがある

2つとも同じようにマンション経営になりますが、色々と違いが出てきます。

違いが分からない状態で、なんとなく決めてしまうと後で後悔してしまう可能性もあるので、違いをしっかり確認しておきましょう。

一棟ものは、建物まるごとなので区分に比べ高額になります。しかし一室の区分に対し、複数戸あるため収入額や収益性は高い傾向にあります。

建物全体で考えるため、管理費や修繕費などは区分に比べ1戸あたりは割安になります。

また、区分は空室になれば収入がなくなりますが、一棟ものであれば全体でカバーしプラスに持っていくことが出来ます。

物件が高額で、収益性も高いので担保としても信用が高くなります。

逆に区分は、一棟ものに比べ少額から始められるので、融資可能な収入も低くなります。

また、一棟ものに比べ1戸あたりは割高になりますが、全体の管理費や修繕費は安いので、精神的な不安や開始に対してのハードルが低くなります。

区分所有の場合は将来的に複数戸所有した時、各部屋ごとに建物を変えてリスク分散が出来ます。

マンションは基本的に、所有者の一定割合の賛成がないと物事が進展しませんが、一棟ものは全部屋の所有権を持っているので、立て直しや管理規約の変更など、自身の判断で行える幅が広いです。

一棟ものは収益性が高いので、投資家の競争率は高めになっています。逆にファミリータイプの区分所有は投資家の競争率は比較的低めとなっています。

細かい事は他にもありますが、ここまででも結構な違いがあったと思います。

それぞれの特徴のまとめ

それぞれをまとめると以下の様になります。

一棟もの

・1戸あたりの管理費・修繕費が割安

・担保力が強い

・建物の処分の自由度が高い(建て替えや取り壊し、管理規約など)

・資産が増えるのが早い(区分に比べ収益率が高い)

・購入や管理など、動く金額が大きい。

・高収益のため投資家の競争率が高い

区分所有

・購入や管理費などが小さい(一棟ものに比べ)

・複数購入の場合、異なる建物で所有可。リスク分散

・中古でも空室での購入が一棟ものに比べ多いので、入居者を選びやすい

・ファミリータイプにおいては、競争率が低い

・管理規約や建物処分などが一存では出来ない

・複数所有しないと大きな収益にはならない

良し悪しではなく自分に合った物件を

どちらであったとしてもメリットもありますし、デメリットもあります。

一棟ものの方がリスクは高いが収益も高いから、一棟ものを買う。や、

区分所有の方で場所を変えて複数持ちたいなども良いと思います。

どちらを選ぶかは、個人の予算やスキルなどにもよってさまざまです。

ただ初心者に至っては、区分所有から始めていき、スキルや収入が増えてきたら一棟ものに切り替えるなどが、比較的安全策と言えるかもしれません。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.