住宅ローン控除額=還付額ではない

住宅ローン控除額=還付額ではない

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、お客様から「住宅ローン控除を使うと、ローン残高の1%が戻ってくるんですよね?」と聞かれました。

これは間違ってはいないのですが、住宅ローン控除は税額の控除なので支払った以上の金額は帰ってきません。

また限度額も決まっているので、あまりこれを頼りにしすぎない方が良いでしょう。

ということで、本日のテーマは【住宅ローン控除額=還付額ではない】です。

住宅購入の味方。住宅ローン控除

住宅の購入を考えている人にとって、頼りになるのが住宅ローン控除です。

住宅ローン控除は、年末時点でのローン残高の1%分を10年間、税額から控除してくれるものになります。

例えばローン残高3000万であれば、30万分を税額から控除できます。

会社員の場合は給料から徴税されているので、その分の金額が還付されると臨時収入のようで嬉しいものです。

ですが、あまりこれを頼りにしすぎるとガッカリしてしまう事もあるので気を付けてください。

控除額=還付額ではない

上記の例え話をすると「じゃあ、30万の臨時収入が入るんですね」という人がいるのですが、少し違います。

還付額というのは「払いすぎた金額」を返してくれるものです。

したがって、どんなに控除を増やしても支払った税金以上は戻ってきません。

10万しか税金を納めてないのに40万もらえるということは無いのです。

また年間40万が上限なので、ローン残高が4000万でも1億でも40万の控除となります。

さらに、控除は「ローン残高の1%」なので、年を追うごとに控除額が少なくなるのも理解しておく必要があるでしょう。

減税や還付は+α。無いと思って計画を立てる

年末にお金が貰えるとなれば、ボーナス感覚に捉えてしまう人もいます。

中には、予想より少なくて損したと感じる人もいるでしょう。

ただ、支払うべき税金が少なくなっているのは確実なので、損をしていることはありません。

業者がこうした事をちゃんと説明していないので、誤解が生まれてしまうのです。

ですが、自分たちの利益のためだけに、ろくな計算もしないで安易に「今なら10年間、年40万が戻ってきますよ。」と言ってくる業者もいます。

また、控除を受ける為にはいくつか条件もあるので、ちゃんと条件を満たしているかも確認しておきましょう。

不動産は高額なので、失敗しないためにもお金にまつわるものは理解して、しっかりと計算と計画をしていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓質問や相談だけなど、些細な事でも大歓迎!お気軽にメッセージして下さい。

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.