ワンルームVSファミリータイプ。それぞれの特徴を比較。

ワンルームVSファミリータイプ。特徴と比較。

みなさま、こんにちは。DSKです。

不動産投資と聞くとワンルームが有名です。

先日もお客様に「不動産投資ってワンルームだけじゃないんですか?」と聞かれました。

不動産投資にも色々な物件があります。今回は、同じ区分の中で説明します。

ということで、本日のテーマは【ワンルームVSファミリータイプ。特徴と比較。】です。

不動産投資といえばワンルーム?

昨今の不動産投資では、ワンルームでの投資がはやっていました。

不動産投資=ワンルームと言う認識の方もいるんじゃないかと思います。

しかし、不動産には土地や戸建て、一棟ものやファミリータイプなど、本来は様々な物件が存在しています。

それぞれに特徴はありますが、今回は同じマンションの区分所有物件であるファミリータイプと比較してみたいと思います。

まずは、ワンルームの特徴を説明します。

収益性が高いが、供給過多のワンルーム

ワンルームタイプの特徴はやはり物件金額の安さだと思います。

ワンルームタイプのマンションは1戸あたりの面積が小さいため数を多く作れるので、それにより1戸あたりの金額も安くすることが出来ます。

また、ワンルームは面積が小さく数があるため、管理費や修繕費、退去後の回復費用が少なく済みます。

その割には家賃もある程度あるので、比較的利回りが高いのも人気の理由になります。

しかし、ワンルームの難点としては、近年のワンルーム人気により供給過多の状態になっていますが、さらに増え続けているという点です。

また、収益性が高いので投資家の競争率が高く、空室リスクが高くなっているのが現状です。

次にファミリータイプの特徴です。

収益性は低いが、安定性は◯。なファミリータイプ

ファミリータイプのマンションは、ワンルームに比べると物件価格が高く、面積も大きいため管理費や回復費用が高めになります。(㎡あたりで考えたら割安になることもあります。)

また、ワンルームに比べ、家賃収入が物件価格の割には高くないので、利回り的には低めになっています。

しかし、ワンルームが1人用に対してファミリータイプは家族で住む用なので、一度入居が決まれば長期的に入居し続けてくれる場合が多く、安定性としてはワンルームよりもあるでしょう。

また、面積や部屋数もあるので、間取りなどのリノベーションの幅は大きくなります。

ファミリータイプは、投資家同士の競争率は低めになっています。逆に言うと、素人でもいい物件を見つける猶予があるということでもあります。

それぞれの特徴の比較

ワンルームのメリット

・比較的単価が安い。

・管理費やリフォーム費用が安い。※㎡単価ではファミリーの方が安い場合も。

・収益性が高い。

・投資家同士の競争率が高い

・供給が多く、空室リスクが高い

ファミリーのメリット

・長期入居になりやすい。

・投資家同士の競争になりにくい

・物件価格や管理費などが高額(ワンルームに比べ)

・リフォームの工夫の余地が大きい

初心者はファミリータイプの方がおすすめ

ワンルームの方が、単価が安く収益性が高く、リフォームや修繕費なども安く済む。

しかし、競争率も高いので供給過多なので、家賃の下落や空室率に注意が必要。

ファミリータイプはワンルームに比べ、物件価格や管理費などが高くなっている。

しかし、競争率が低く長期入居者が多いため、家賃の下落や入居率はファミリータイプの方が安定している。

どちらが良い悪いではないですが、初心者や安定性を求める場合はファミリータイプから入ったほうが良いかもしれません。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.