私設年金を作って老後の生活を守る

私設年金を作って老後の生活を守る

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、「貯蓄をしているけど貯蓄だけだと不安で」というお客様がいらっしゃいました。

このお客様は堅実な方なので、しっかり貯蓄をしていたのですが、老後に不安があったそうです。

人生何年生きるか分からないので、入ってくる収入も欲しいですよね。

ということで、本日のテーマは【私設年金を作って老後の生活を守る】です。

みんな老後に不安を抱えている

老後に夫婦二人で生活するのに、最低限必要だと言われている金額が月20万。

ですが、これは最低限の生活であって、老後に趣味や旅行なども考えているのならば、月に35万程が必要だと言われています。

厚生労働省の試算による「モデル夫婦世帯」が受け取れる年金額は月額22.1万円。

最低限の生活費は賄えますが、ギリギリの生活で趣味や旅行を楽しむ余裕はありません。

趣味や旅行を楽しもうとすると、月あたり13万程が足りないことになります。

また、これは今の年金の試算であって、若い年代の方ほど差額は大きくなっていくでしょう。

準備として貯蓄を作っておくとすると3000万以上が必要となります。

この貯蓄どう作っていきますか。

豊かな老後のために私設年金を作っておく

豊かな老後の為には、現役世代はやれる事をしていく必要があります。

定年後の再就職や、貯蓄ももちろん大事ですが、体力や病気のリスクもあります。

再就職で働き続けるのにも体力的な限界や、収入の先細りがあります。

また、病気により就労不可になったり、大きな出費が出てくることも考えられます。

そんな時、再就職や貯蓄の取り崩しだけでは不安が出てくると思います。

そのため定期的な収入となる「私設年金」を作ることは、老後の生活や精神的な負担に大きく左右してきます。

私的年金づくりに不動産投資が効果的なワケとは

私設年金を作ることで、老後の生活や不安というリスクに対処できますが、私的年金を作る上で不動産投資は効果的な方法です。

まず、ローンさえ返済しきってしまえば、安定的に家賃収入が入ってきます。

これは、自信が生きている間は基本的に入ってくるので、何年生きようが変わりはありません。

他の投資や運用方法でも定期的に収入になるものはありますが、不動産投資の良い点は少ない金額で始められるということです。

他の投資は、どうしても資本が必要となります。安定して十分な収入を得ようとするには、その分の資本を作らなければなりません。

その点で不動産投資であれば、資本は銀行からの融資で賄えますし、肝心の返済も家賃収入で返していくことが可能となっています。

つまり、不動産投資は1つ私的年金を作りつつ、他の運用の資金も貯めていけるということです。

もちろん方法は一つではありませんので、色々な方法を検討していくことも良いと思います。

ですが、これから減るかもしれない年金に頼っていくことはリスクになるので、安心して生活していくためには、何かしらで私設年金を作っていくことが必要となっていくでしょう。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.