将来を考えるなら残業するより収入の柱を増やそう

将来を考えるなら残業するより収入の柱を増やそう

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、友人が「会社が残業に厳しくなってきて稼げない」と言っていました。

現在、国の働き方改革の影響もあり、残業を無くす会社が増えてきました。

以前のように、残業代だけに頼っていると将来的に大変な思いをするかもしれません。

ということで、本日のテーマは【将来を考えるなら残業するより収入の柱を増やそう】です。

働き方改革で残業がなくなる

近年、政府は働き方改革で労働環境を改善しようとしています。

そのおかげで残業の減ったと喜んでいる人もいると思います。

逆に、残業ありきで給料を計算していた人や、仕事量は減らず持ち帰りだけが増えてしまったような人には、働き方の大きな転換期になっていると思います。

企業側としても成果主義を取り入れることにより、業績の良くない社員に無駄な経費を割かなくても良いという意見も出ています。

成果主義が浸透してくれば、出勤日数や勤務時間も変動していくことになるでしょう。

最終的には勤務時間という概念もなくなるかも知れません。

成果主義では残業は時間の無駄

昔は、収入を増やす為の方法として無理に残業を増やしていた人もいました。

しかし、成果主義になれば残業は時間を取られるだけで収入にはなりません。

そうなれば、無駄に残業をするより副業や投資などに時間を割いて、自分自身で収入の柱を作っていくことが大切になってきます。

政府も副業解禁を推奨していますし、本業はあくまで収入の柱の1つという考えの方が良いでしょう。

「自分は本業1本でいくんだ」という人もいると思います。

それはそれで良いのですが、定年後も使えるようなスキルも同時に習得していく必要があるでしょう。

定年のない収入の柱を増やす

最近では年金の崩壊など将来に向けての準備が必要となります。

現役時代にバリバリ稼いでいた人でも、定年して再雇用に悩む人も出てきました。

定年後も充実した人生を過ごすためにも、生涯働けるスキルを磨いたり投資の知識を身に着けることが大切になってきます。

何か資格を取って開業しても良いですし、ネットビジネスを始めるのもいいと思います。

持ち株を増やして配当生活をしたり、不動産経営をしていくのも効果的です。

「今さら新しい事は」と不安な人もいると思いますが、今始めなければ年々「今さら」が強くなってきます。

将来のために早めのスタートをしていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓質問や相談だけなど、些細な事でも大歓迎!お気軽にメッセージして下さい。

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.