お金に働いてもらうは「楽して儲ける」ではない

お金に働いてもらうは「楽して儲ける」ではない

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人の金融関係者が「投資を楽してお金が入ると勘違いしている人が多い」と言っていました。

投資はお金に働いてもらうものですが、決してお金を出しさえすれば楽が出来るというものではありません。

そういった考えでいると痛い目に合うので気を付けた方が良いですね。

ということで、本日のテーマは【お金に働いてもらうは「楽して儲ける」ではない】です。

お金にも働いてもらうことは良いこと

数年前に「金持ち父さん、貧乏父さん」が流行り、お金に働いてもらうという考えが日本でも広まりました。

「一所懸命」のように1つの職場で働き通し、労働で得た収入で生活してきた日本人にとって衝撃的だったのではないでしょうか。

労働だけでは時間や年齢など限界もありますが、お金に働いてもらうことはその際限を無くすことが出来ます。

単純に収入を増やす以外にも、収入の柱を増やす点でもお金に働いてもらうことも大切です。

働くのはお金、管理するのはあなた

しかし「お金に働いてもらう」という考えが浸透するとともに、それを誤解している人も出てきました。

いくら働いてもらうといっても、お金は自然にお金を増やしてくれるものではありません。

例えれば、あなたがオーナーでお金が従業員です。

オーナーが何も指示をせず、管理もしなければ従業員は働きません。

お金も一緒で、適切な場所に配置しどう働いてもらうのかを考える必要があります。

また、悪条件で仕事をすれば辞めるものも出てくるように、お金も雑に扱ってしまえば減っていきます。

お金を出したら終わりではなく、ある程度システムが出来上がるまでは努力が必要になるのです。

「楽して儲ける」ではなく「真面目に稼ぐ」意識を

投資は肉体労働ではありませんが、知的労働です。

決して「何もしなくても勝手に儲かる」ものではありません。

お金を増やすために勉強し、経験を蓄える必要があります。

もちろんハイリスクハイリターンで楽して儲けることもあるでしょう。

しかし、本来は中長期的に堅実に増やしていくものです。

「楽して儲ける」ではなく「真面目に稼ぐ」という意識で、堅実にお金の回る仕組みを作っていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓質問や相談だけなど、些細な事でも大歓迎!お気軽にメッセージして下さい。

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.