役職は収入を生み出してくれない

役職は収入を生み出してくれない

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、人材紹介業の方と話をしていて「役職を能力として考えている人が多い」という話を聞きました。

これからの時代、転職をしたり個人事業をする人が増えてきますが、現在の役職は考慮しない方が良いでしょう。

役職は会社での役割であって、能力の証明ではありません。

役職がなくても勝負できる力を着けていきたいですね。

ということで、本日のテーマは【役職は収入を生み出してくれない】です。

役職はただの業務内容証

絶望, 実業家, ビジネス, 失望, 欲求不満, 感情, レゴ, 小さな, おもちゃ, ミニ, ミニチュア

世の中には役職を、あたかも自分の能力が高いかのように振舞っている人間がいます。

もちろん、その役職に就けるのですから能力はあるのでしょう。

ですが正直なところ、役職は業務内容証以外なにものでもありません。

会社によっては年数がいっているだけで、部長になれる会社もあります。

役職にあぐらをかいてしまうのは危険です。

会社の外で通用するか

現代は大企業の役職があっても、会社が倒産したりリストラをされたり、いきなり1人で投げ出される可能性があります。

そういった時にすぐに就職先が決まったり、個人で働ける人は本当に能力がある人です。

現に定年して再雇用の面接で、役職以外のアピールポイントがないと事態もあります。

その会社でしか通用しない能力であれば、いざ会社外に出された時に苦労します。

一人の人間として、役職も会社名もない状態で通用する力を着けておく事が大切になります。

社会に出てからの勉強が大事

学校を卒業して就職すると、途端に勉強がおろそかになる人がいます。

会社の業務で手一杯になる気持ちもわかりますが、別に机の上だけでやるのが勉強ではありません。

趣味を極めたり、個人ビジネスをしたり、投資の経験を積むことも勉強です。

現在、安定した収入があるから危機感が出ない人もいると思います。

ですが、今は会社が守ってくれる時代ではありませんので、いざという時の為の準備は必要です。

そうなると、会社員で安定した収入がある時こそ能力を高めるチャンスです。

リスクヘッジとして個人の力を伸ばすことに時間を割いて、自己防衛のできる能力を身に着けていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓質問や相談だけなど、些細な事でも大歓迎!お気軽にメッセージして下さい。

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.