投資物件も様々、目的に合ったものを選ぶ

投資物件も様々、目的に合ったものを選ぶ

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日いらっしゃったお客様からの相談で

「不動産投資をしたいけど、どういった物件が良いですか?」と聞かれました。

お話を聞きながら説明していくと、大分物件も絞れてきたようでした。

ちまたではワンルームが人気ですが、不動産投資はそれだけではありません。

ということで、本日のテーマは【投資物件も様々、目的に合ったものを選ぶ】です。

不動産投資と言っても、物件は様々

ひとえに不動産投資と言っても、価格もタイプも色々とあります。

一棟ものと区分所有物件。さらに区分所有物件の中でも、「ワンルーム」と「ファミリータイプ」があります。他にも戸建てや店舗、駐車場など不動産の物件は様々です。

最近の不動産投資はマンション経営が多いですが、その中でも、比較するところは多くあります。

新築が良いのか中古が良いのか、木造にするか鉄筋にするのか。

都市部で購入するのか、地方の物件にするのか。

利益の出し方も、家賃収入ではなく、売却益を狙う場合もあります。

物件ごとに特徴が違う

一棟ものであれば、利益が大きかったり、空室があっても他でカバーできたりしますが、金額が高いので融資が下りにくかったり、災害などの時はまとまって損害が出る場合もあります。

区分所有は手が出しやすいですが、家賃収入だけで生活するとなると複数件所有が必要となりますし、その中でもワンルームは比較的安価ですが、競争率が激しく空室リスクが高くなります。

ファミリータイプは長期賃貸の方が多く入れば安定しやすいですが、ワンルームに比べると経費が高くなりやすいです。

それぞれメリットもあればデメリットもあります。

物件によってリスクやリターンの度合いも変わってきますし、銀行からの融資の受け易さも物件やその人によって変わってきます。

自分の目的や予算に合わせて物件を選ぶ

自分はどういった投資がしたいのか、ご自身の予算や将来の方針などによって決定していきます。

だからこそ物件も自分に合ったものを選びます。

近年の不動産ブームに乗り、多くの不動産投資の書籍が発売されています。

同じ不動産を持つのなら、出来るだけ失敗したくないというのは当たり前ですし、全く無知の状態で不動産投資を行うのはおすすめしないので、ある程度の知識や情報を仕入れる為には書籍の購入は大切になってきます。

ですが、安易に「不動産は〇〇を買いなさい」など、その本の言っていることを鵜呑みにするのは危険です。

正直に言って、不動産に絶対はないものと思ってください。

別に脅すわけではありません。何をするにも絶対というものはありません。

ただ、不動産投資の良いところは、例え上手くいってない時でも、努力と工夫で改善できる幅が大きいということでしょう。

一発逆転もない代わりに、取り返しのつかない失敗も少ないのが不動産投資です。

不動産投資を上手くコントロールするためにも、それぞれの物件の違いや特徴を理解し、ご自身の考えに合うものを選び、納得して物件を決めていきましょう。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.