身内の投資失敗体験談を語ります

身内の投資失敗体験談を語ります

みなさま、こんにちは。DSKです。

最近、サブリース問題など不動産投資を見直す動きが強くなりましたね。

実は、私の身内でも失敗した人がいます。

「もっと早く言ってくれれば対処できたのに」と、とても残念な気持ちになりました。

お客様には同じような失敗はして欲しくないので、少しでも今回の記事が役に立てばと思います。

ということで、今回のテーマは【身内の投資失敗体験談を語ります】です。

家族のためにと思ったのに

私の親戚は堅実な人間で、今まで投資とは無関係な人でした。

そんな親戚が知人に誘われて不動産投資のセミナーに参加しました。

毎月の家賃でローンは相殺、サブリースも付くので安心との説明を受け「家族に少しでも何か残してあげられるなら」と新築のワンルームマンションを2戸購入しました。

しかし、いざ蓋を開けてみると管理・修繕費は別途請求、節税も最初の1年目だけで翌年からはあまり効果がないものでした。

更には数年でサブリースの金額も減少してしまい、開始数年で年間50万程の赤字になりました。

それでも「保険をかけていると思えば」と保有を続けていたのです。

遺産を作るつもりが負債だけが残った

親戚は数年間物件を保有しましたが、定年が近づき赤字のままでの保有が重荷になってきました。

「投資にはならなかったけど、せめてローンはなくしたい」そう思い売却を考えますが、業者の提示した金額は満足のいくものではありませんでした。

交渉をしてみても「これが限界ですよ。これからはもっと下がっていきます」と言われるだけでした。

「これではローンが払えず負債だけが残る」と悩み弁護士に相談にします。

弁護士は「任意整理をすれば大幅に負担を減らせます」と言い「それならば」と任意整理することになりました。

今、親戚は再雇用で働きつつ、頑張って残りの支払いを続けています。

一人で抱え込むことが問題

私が親戚の話を聞いたのは任意整理の後でした。

ただ、その話を聞いただけでも事前に避けられる問題が多くありました。

明らかに物件価格が高額で、家賃設定も根拠のない不良物件。

短期でサブリースを半強制的に下げるような悪意ある管理・契約体制。

物件価格が上昇傾向にある時に、無知な人から買い叩こうとした業者。

大した減額も出来ないのに、任意整理を安易に勧めた弁護士。

これらは冷静に調べて、焦らなければ回避できたことばかりです。

一言相談してくれれば、親戚もこんな大変な思いはしないで済んだと思います。

残念ですが、こうした悪意ある業者を無くすことは不可能です。

こういった業者に食い物にされないためにも、業者や物件を冷静に判断できるように知識をつけてから行動していきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓質問や相談だけなど、些細な事でも大歓迎!お気軽にメッセージして下さい。

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.