節税が一番になったら本末転倒

節税が一番になったら本末転倒

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、不動産大家の方と話をしてきたのですが、その方は節税を凄く気にしていました。

不動産投資に限らず、節税は稼いだお金を減らさないためのものです。

まずは収入を増やすことを最優先に考えた方が良いでしょう。

不動産投資には沢山のメリットがある

不動産投資は多くのメリットがあります。

例えば、不動産の性格上あまり急激な価値の上下が少ないため計画が立てやすいです。

また、使える経費が多いので赤字を作ることで節税をすることもできます。

空室がなければ、オーナーは何もしなくても定期的な収入が入ってきます。

他にも、ローンを組むために団体信用保険に入るので、生命保険の代わりになります。

もちろんデメリットもありますが、こういった多くのメリットがあります。

経費を作るのに損をするのは違う

不動産投資ではメリットが沢山あると書きましたが、その中でも節税効果は不動産ならではです。

株などでも損益通算は出来ますが、損失が出なくても経費を計上できる点で有利です。

経費の科目も多いので上手く行うことで効果的な節税につなげられます。

様々な経費で所得を減らし還付を受けとり、実質手取りを増やすことが出来るのが不動産投資の大きな強みですが、損をしてまで経費を作ってはいけません。

たまに節税を頑張りすぎて、気づけば実質な収支がマイナスになっている人がいますので気を付けてください。

不動産投資の1番は家賃収入

節税で頑張って逆に損をしている人もいると書きました。

それも本来の優先順位を忘れてしまっているからです。

不動産投資の1番の目的は家賃収入です。(近年では売却益狙いは難しい)

空室率を下げその確実性を増していき家賃の増額策を考える。

これが安定して初めて節税に重きを置いてよいでしょう。

せっかく節税を頑張ったのに、実質使えるお金が減ってしまっては本末転倒です。

長期的に安定して収入を得ていくためにも、優先順位は間違えなようにしていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓質問や相談だけなど、些細な事でも大歓迎!お気軽にメッセージして下さい。

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.