所得控除ってどんなものがあるの?

所得控除ってどんなものがあるの?

以前、友人に「同僚と給料は同じなのに、税金は自分の方が高いのはなんで?」と聞かれました。

会社員で独身だったりすると、あまり控除を気にしない人もいますね。

ですが、家族以外にも控除の対象はありますので、使えるものはないか考えていくと良いでしょう。

ということで、本日のテーマは【所得控除ってどんなものがあるの?】です。

所得控除って何?

所得控除とは、所得金額から差し引くことが出来る金額の事です。

私の友人の様に給料が同じならば、同じだけ税金を払っていると思っている人がいますが、同じ給料でも控除によって所得も変わるので、手取り額が変わってくることがあります。

控除には種類があり条件もそれぞれ変わってきますので確認が必要です。

条件がなく皆に適用されるのが「基礎控除」です。

色々な所得控除

誰でも適用されるものに「基礎控除」がありますが、他の控除はどんなものがあるのでしょうか。

控除には「人的控除」と「物的控除」があります。

人的控除には

〇基礎控除・・・だれでも38万

〇扶養控除・・・家計が一緒の所得が38万以下の配偶者以外の親族がいると。

金額は家族の条件によって、16歳以上なら一般の38万、19~22歳なら特定63万、70歳以上で同居なら48万・別居なら58万の老人扶養控除があります。

〇配偶者控除・・・家計が一緒の配偶者がいると、本人や配偶者の所得によって最高38万。

最近は条件が変わって社会的に話題になりましたね。

〇寡婦・寡夫控除・・・納税者本人が寡婦(寡夫)なら27万

〇勤労学生控除・・・納税者本人が勤労学生なら27万

〇障害者控除・・・本人または配偶者・扶養親族が障害者なら27万

物的控除には

〇医療費控除・・・本人や家族が支払った医療費ー10万分が控除される。

この時、保険などで補填された分は控除されないので気を付けてください。

〇生命保険料控除・・・支払った保険料のうち最高で12万まで控除

〇社会保険控除・・・本人や家族の支払った社旗保険料全額が控除。

ただし、65歳以上の介護保険は適用しません。

〇地震保険料控除・・・地震保険の支払いのうち最高5万まで控除

〇小規模企業共済等掛金控除・・・小規模企業共済や確定拠出年金に支払った全額

最近ではiDeCoなどもそうですね。支払い自体に上限があります。

〇雑損控除・・・災害や盗難などの損失額を決まった計算方法で控除

〇寄付金控除・・・国や地方自治体等へ寄付をした場合に寄付額ー2000円を控除

最近では「ふるさと納税」などもこれになります。上限あり

控除を上手く使って手取りを増やす

いかがですか。

知らない控除もあったのではないでしょうか。

控除を上手く使うことで所得を下げ、同じ収入でも手取りを増やすことが出来ます。

ただ、あくまで手取りを増やすだけで収入を増やす訳ではありません。

手取りを増やそうと頑張って、節税貧乏にならないように適度に利用していく事が大切になります。

 

 

LINE@友達追加↓質問や相談だけなど、些細な事でも大歓迎!お気軽にメッセージして下さい。

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.