終身・定期・養老。生命保険の基本を知る

終身・定期・養老。生命保険の基本を知る

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、友人から保険加入の相談を受けたのですが、どんな保険か聞いてみると「生命保険」という答えしか返ってこず困ってしまいました。

内容をよく聞いて養老保険だということが分かったのですが、何も分からない状態で保険を考えることは危険だなと感じました。

ということで、本日のテーマは【終身・定期・養老。生命保険の基本を知る】です。

自分が入っている保険すら知らない人も

多くの方が入っていると思われる生命保険ですが、外交員さんに言われたままに入っている人も多くいます。

中には、どんな保険に入っていて保険料がいくらかなのかも把握していない人がいて驚きます。

「外交員さんは保険のプロなので任せておけば安心」という気持ちも分からなくありませんが、人生の3大支出とも言われる保険です。

外交員さんだけに任せっきりにせず保険の基本だけでも把握しておくと良いでしょう。

生命保険の基本は3パターン

生命保険には「終身」「定期」「養老」の3パターンがあります。

他にも、これらを組み合わせた保険がありますが、生命保険としてはこの3つが基本となります。

終身は死亡や高度障害への保障が一生涯続く保険で、振り込み期間が終わると保険料負担なしで保障が続きます。

解約返戻金が一定額まで増えていくので、法人では退職金の準備として活用もされます。

保険料は一時払い、有期払い、終身払いがあります。

定期保険は一定期間中に死亡や高度障害になった場合に保険金が支払われる保険で、いわゆる掛け捨て保険です。

定期保険には保険金が一定の平準定期保険、保険金が増えていく逓増定期保険、保険金が減っていく逓減定期保険があります。

これらは保険金は変わりますが、支払う保険料は増減しません。

養老保険は期間中に死亡すると死亡保険金が、期間満了まで生きると満期保険金が支払われます。

死亡保険金が支払われると満期保険金は支払われません。

支払い期間に従って、満期保険金が死亡保険金と同額まで増えていくので、貯蓄性の保険といえます。

外交員と自分の求めるもの保険は同じか?

生命保険は以上の3つが基本ですが、どれが優れているということはありません。

それぞれの生活や考え方によって最善は変わってきます。

どれにも入らないことが最適な場合もあります。

外交員さんはベストと思われる提案をしますが、それがあなたのベストなのかは自分自身で判断しなければなりません。

「どんな種類があるか」「他に代替案はないか」など、自身の保険に興味をもって選んでいく事をお勧めします。

 

 

LINE@友達追加↓質問や相談だけなど、些細な事でも大歓迎!お気軽にメッセージして下さい。

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.