終身保険の基本。そのメリットやデメリットとは?

終身保険の基本。そのメリットやデメリットとは?

みなさま、こんにちは。DSKです。

生命保険の中で一番良く聞くのが「終身保険」だと思います。

色々な保険を各社が出していますが、知人や友人は「終身保険がどんな保険かよく分かってないから良い悪いが分からない」と言われることがあります。

基本が分からないと、プラスアルファの話をされても分かりませんね。

ということで、本日のテーマは【終身保険の基本。そのメリットやデメリットとは?】です。

終身保険は一生涯の保障

終身保険は、死亡や高度障害への保障が一生涯続く保険です。

保険料の払い方には3つあり、一括で払う「一時払い」、一定期間で終わる「有期払い」、一生涯払い続ける「終身払い」があります。

一時や有期で払い込みが終わると、その後は保険料の支払いなしで保障が一生涯続きます。

死亡保険金だけでなく解約返戻金があるので、必ず何かしらで保険金を受け取れます。

解約返戻金は期間に従って一定額まで増えるので、法人では死亡退職や退職金の準備として利用もされます。

終身保険のメリットとデメリット

終身保険のメリットはどんなものがあるのか。

・保険料が一定なので支出の管理がしやすい

・支払い完了後は保険料なしで保障が続くので、若いうちに老後の保障を作れる

・解約返戻金があるので、急な出費や老後の資金にすることが出来る

・死亡保険金が相続人1人につき500万非課税になるため、相続税対策が出来る

・生命保険控除により一定金額が所得から控除されるため節税になる

などがあります。

逆に終身保険のデメリットは

・一生涯で貯蓄性もあるため定期などに比べて保険料が高く、保険金額を高く設定しづらい

・早期での解約は、解約返戻金の返礼率が低く元本割れを起こし損をする

・早期解約で損をするため、頻繁な保険見直しがし辛い

などがあります。

保険は必要かどうかを判断して契約する

上のように、終身保険のメリットデメリットをあげてきました。

終身保険は一生涯の保障がある代わりに保険料は高くなっています。

その代わり掛け捨てでなく、解約返戻金などの貯蓄の性格もあるので定期預金も兼ねたいというような人には合っているかも知れません。

逆に貯蓄だけを考えている場合であれば、長期の投資の方が良い結果が出るでしょうし、既に死亡時の資産を作っている人などは不要となるでしょう。

保険は万が一を考えると必要な物ばかりですが、生活スタイルや状況によって必要不必要があります。

保険の内容を把握して、自身で判断できるようになっていく事が大切です。

 

 

LINE@友達追加↓質問や相談だけなど、些細な事でも大歓迎!お気軽にメッセージして下さい。

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.