定期保険はTHE保険。必要な時に利用しよう

定期保険はTHE保険。必要な時に利用しよう

みなさま、こんにちは。DSKです。

友人から「定期と終身って期間の違いだけ?」と聞かれることがあります。

もちろん期間の違いもありますが、それだけではありません。

定期は保険らしく、万が一のためという要素が強いです。

内容を把握して上手く使っていくと良いですね。

ということで、本日のテーマは【定期保険はTHE保険。必要な時に利用しよう】です。

定期保険は掛け捨て保険

終身保険は保障が一生涯続くのに対して、定期保険は一定の期間が終わると保障がなくなります。

解約返戻金もほとんどなく、満期での保険金もありません。

いわゆる掛け捨ての保険となります。

何もなければお金は帰ってこないので、本当に万が一のための保険です。

その分、保険料は安く抑えられ、高度な保険を割安で掛けることが出来ます。

定期保険の種類

一般的に定期保険には「更新型」と「全期型」があり、更新型は最初は割安で更新のたびに保険料が上がっていきます。

逆に全期型は保険料が一定の代わりに、最初の方は割高になっています。

基本的な定期保険は期間満了まで保障額は変わりませんが、保障額が少なくなっていく「逓減定期」や保障額が増えていく「逓増定期」があります。

また、保障額を一時金ではなく年金形式で受け取る「収入保障保険」などもあります。

生活スタイルに合わせて上手に利用

定期保険は掛け捨てですが、その分割安で種類も豊富なので、生活の変化や計画に合わせて保険を掛けることが出来ます。

子供が小さいうちには大きな保障を、独立したら保障はいらないなど、上手く利用することで無駄の少ない保険を掛けることが出来ます。

貯蓄性はないので、退職金代わりや年金の代わりということは出来ませんが、割安で高度な保障を受けれることを考えると、保険らしい保険と言えるでしょう。

終身であってもお金を増やすという事には向いていないので、最低限の保障だけ補って残りは投資で増やすなど、臨機応変に上手に利用していくと良いでしょう。

 

 

LINE@友達追加↓質問や相談だけなど、些細な事でも大歓迎!お気軽にメッセージして下さい。

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.