保障と貯蓄の合わせ技。養老保険は入るべきか?

保障と貯蓄の合わせ技。養老保険は入るべきか?

みなさま、こんにちは。DSKです。

現在、老後の親御さんがいる方は「養老保険」という保険をお勧めされたことがあるのではないでしょうか。

私も親から「掛け捨てはもったいない。養老保険に入れば?」と言われたことがあります。

保障と貯蓄を同時に行える養老保険は入った方が良いのでしょうか。

ということで、本日のテーマは【保障と貯蓄の合わせ技。養老保険は入るべきか?】です。

養老保険は貯蓄も出来る保険

養老保険は生命保険ですので、死亡や高度障害をした場合には保険金が受け取れます。

また、満期まで生存していた場合は死亡保障と同じだけの満期給付金が受け取れます。

満期まで生存していても亡くなっても、どちらにせよ保険金を受け取れるため、貯蓄しながら保障も掛けたいという良いとこ取りな保険です。

現状は中途半端。でも法人なら有

保障も貯蓄も出来る養老保険ですが、現在はあまり人気がありません。

バブルの頃などは、支払い保険料に対して受取保険金が高額だったので、貯蓄性が高いと言われていました。

ですが現状では、支払い保険料と受取保険金にあまり差がなく中途半端という印象です。

その上両取りなため保険料が高く、最近では人気が落ちてしまいました。

また、有期なので期間が終わってしまえば他の保険に入りなおす必要も出てきます。

現在はあまりパッとしない養老保険ですが、法人であれば話が変わります。

養老保険の保険料は半分が損金として計上できるため、従業員の死亡退職や退職金への準備として利用するには効果的です。

貯蓄と保障は分けた方が効果は高い

法人であれば、養老保険は利用しやすく効果も期待できます。

しかし、個人であれば「保険会社にお金を預ける」位の気持ちであれば良いと思いますが、「増やそう」と考えているならば終身や定期にして、余剰金を投資に回した方がよほど増やせるでしょう。

色々考えるのも面倒だし、1つで「保険も貯蓄も行いたい」という人には向いているかも知れません。

どちらにせよ判断するのは自分自身ですが、何も知らずに入るのと知った上で入るのでは大違いです。

養老保険に限らず、内容を把握して判断していけるようになることが大切でしょう。

 

 

LINE@友達追加↓質問や相談だけなど、些細な事でも大歓迎!お気軽にメッセージして下さい。

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.