ドルコスト平均法は資産形成に向いている

ドルコスト平均法は資産形成に向いている

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日会った友人が「数年前から貯金を投資に回した」と言っていました。

現状は順調らしいのですが、相場の動きは常に気になってしまう様です。

常に緊張した状態で長期の資産形成は心臓に良くないですね。

そういった点でドルコスト平均法は長期投資に向いていると言えるでしょう。

ということで、本日のテーマは【ドルコスト平均法は資産形成に向いている】です。

長期投資は一喜一憂しない程度で

投資と聞くと、ある程度の資金を貯めて行うものと考えている人も多くいます。

確かに原資があれば選択の幅も広がりますし利益も多く取りやすくなります。

ですが、かと言って余裕がない人が無理に原資をつぎ込めば、相場の動きに翻弄されてしまいます。

そんな状態で長期投資を行うのは精神衛生が良くありません。

長期投資は出来るだけ相場に一喜一憂しない投資法を選択していく必要があります。

コツコツ積立ながら資産形成していく

相場に一喜一憂してしまう原因に「大きい損失が怖い」というものがあります。

その点でドルコストのように、無理のない金額を長期間かけて積み立てていく投資というのは、定期預金と同じように気持ちに余裕を持った状態で行うことが出来ます。

またドルコスト平均法は購入価格を平準化していくので、極端な相場の動きをしない限りは負けづらい投資です。

まとまった金額で神経をすり減らしながら日々を過ごすよりも、定期的に確認して放置しておけるドルコスト平均法は長期投資に向いていると言えるでしょう。

スパイスとして短期投資を混ぜるのも良

長期投資を行う上では、ドルコスト平均法を利用することがおすすめですが、堅実すぎてつまらないと感じる人もいます。

確かにローリスクな分リターンも少ないので、勝った負けたという楽しさは味わいづらい物でもあります。

せっかく投資をするなら一発儲けたいという人もいるでしょう。

堅実な投資を続けていく上で、そういった投資も適度に取り入れることも刺激となって良いでしょう。

ただ、どんな投資家も相場を読み続けることは困難です。

堅実な投資で基盤を作りつつ、楽しみながら続けられる様に行うことが大切です。

 

 

LINE@友達追加↓質問や相談だけなど、些細な事でも大歓迎!お気軽にメッセージして下さい。

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.