住宅ローンとアパートローンはどう違うのか?

住宅ローンとアパートローンはどう違うのか?

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、お客様から「投資用も住宅ローンで買えたら楽なのに」と言われました。

不動産投資をする際には出来るだけ低い金利を求めるのは当然です。

ただ、住宅ローンとアパートローンでは目的や対象も違うので注意が必要でしょう。

ということで、本日のテーマは【住宅ローンとアパートローンはどう違うのか】です。

住宅ローンは住居、アパートローンは事業

住宅ローンもアパートローンも、物件を購入するという点では同じ不動産のローンです。

ですが、住宅ローンとアパートローンでは金利や対象、利用目的などが変わってきます。

住宅ローンはマイホームやセカンドハウスなど、購入者が利用することを目的としている商品です。

賃貸併用型の住宅ローンもありますが、自分の住むスペースの最低面積などが設けられています。

アパートローンは事業として物件を購入するための商品で、物件だけでなく事業に伴う費用も借りることも出来るので幅が広いですが、住宅ローンより金利は高くなっています。

それぞれのローンは審査基準も変わる

利用目的や対象の違うローンですが、審査基準にも違いが出てきます。

住宅ローンは個人の住居となるので、そこからの収益は発生しません。

そのため個人の属性が重要視されます。

勤め先や、勤続年数、年収など、「この人は返せる人なのか」という事が大切になってきます。

その点、アパートローンは事業なので事業内容も見られます。

不動産投資も事業なので、毎月赤字になる事が目に見えている物件では融資は下りません。

「この経営の仕方で支払いが行われるか」が大切になってきます。

もちろん、万が一を考えると個人の属性が高いに越したことはありません。

暗黙の了解もあるが、規模を拡大するなら

不動産投資の中では、住宅ローンを利用してという場合もあります。

本来は住むためのローンなので禁止なのですが、実際問題として購入してすぐに転勤させられる人もいるので、銀行も強く言うことはありません。

ですが、これは規定破りという以外にもデメリットがあります。

それは2件目以降、事業を拡大していこうとした時に、住宅ローンは負債として見られやすいことです。

個人の住宅は収益を生まず、支払いだけが残っているはずなので当然でしょう。

住宅ローンを考慮しない銀行もありますが、どんどん事業を拡大したいと思っているならば、始めからアパートローンを利用した方が長期的には資金繰りがし易くなるでしょう。

 

 

LINE@友達追加↓質問や相談だけなど、些細な事でも大歓迎!お気軽にメッセージして下さい。

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.