不動産投資ローンの種類を知る

不動産投資ローンの種類を知る

不動産投資を行う上で大半の人が利用するアパートローン。

住宅ローンとは違うことは分かっていても、普段馴染みがないから良く分からないという質問を受けることがあります。

どんな種類があるのか確認しておくと良いでしょう。

ということで、本日のテーマは【不動産投資ローンの種類を知る】です。

不動産投資ローンもいろいろある

不動産投資を行う際には融資を利用する人が大半だと思います。

物件の購入には多額の費用が掛かるため、一括で支払える人は少ないですし、融資でレバレッジを利かせる事で早い段階で持てたりなどメリットがあります。

その際に利用されることが多いのがアパートローンですが、アパートローンと一言で言っても、いくつか種類がありますし、他にもプロパーローンなども利用する場合があります。

それぞれの特徴を把握しておくと良いでしょう。

提携?リコース?ローンの種類

不動産投資でのローンの種類では、まず「リコースローン」と「ノンリコースローン」というものがあります。

リコースローンは一般的な住宅ローンと同じく、支払いが出来なくなり物件を処分しても、残債があれば支払う義務があります。

ノンリコースローンは、支払いが出来なくなったら貸主に物件を渡して残債の支払いはなくなります。

ノンリコースは万が一の支払いが無くなる代わりに、期間が短くなったり金利が高くなったりします。

次に、「提携ローン」と「非提携ローン」があります。

提携ローンは、ハウスメーカーや不動産業者が金融機関と提携しているものです。

選択の自由はありませんが、審査が通りやすく条件の融通が利くことがあります。

非提携ローンは、個人で金融機関に申し込むことです。

自分で好きなところで融資を申し込めますが、審査や条件の融通は利かなくなります。

他には、プロパーローン(事業用ローン)というものもあります。

これは不動産に限らず、事業に対してのローンなのでアパートローンとは違った判断基準があります。

様々な種類を把握したうえで計画していく

上のように、不動産投資のローンには色々な種類があります。

また、これらの中でも金融機関によって金利や条件なども変わってきます。

借り換え制度があると言っても、不動産のローンは長期間です。

どんなローンが自分に合っているのか把握して計画していくと良いでしょう。

 

 

LINE@友達追加↓質問や相談だけなど、些細な事でも大歓迎!お気軽にメッセージして下さい。

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.