リスクを嫌う“損失回避性”を回避する

リスクを嫌う“損失回避性”を回避する

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人と会った時に「始めた副業が上手くいってる」と報告がありました。

その知人には以前に「失敗したら怖いから二の足を踏んでる」といった相談を受けていましたが、「上手くいく確率の方が高いんだからやってみなよ」と説得していました。

彼は上手くいきましたが、多くの人が失敗を怖がって逆に損しています。

と言う事で、本日のテーマは【リスクを嫌う“損失回避性”を回避する】です。

人間は損をすることが大嫌い

おそらく、みなさんの中で損をすることが好きだという人はほとんどいないでしょう。

私も出来るならば損はしたくありません。

しかし、もしかしたらその「損したくない」という気持ちのせいで、損をしているかも知れません。

人は心理学的に、損失を重要視するようになっています。

例えば投資で1万円買った時の喜びよりも、1万円負けた時のショックの方が大きいのもそういった心理が働くためです。

その為、数字的には大した損失やリスクじゃなくても、それを避けようとします。

それが「損失回避性」です。

その損失、現実より大きくしてませんか

私の知人もそうだったのですが、損失回避性によって本来の損失の大きさを見誤っている場合が多くあります。

例えば「確実に100万円もらえる」と「80%の確率で200万もらえるが、20%の確率で何も貰えない」の2つがあった場合、数学的には後者の方が有利なのにもかかわらず多くの人は前者を選びます。

これは「何も貰えない」というリスクを回避する為です。

しかし、冷静に数字だけを見れば後者を選んだ方が得をする確率が高くなるので、逆に損をしていると言う事になります。

投資でもこの損失回避性によって、損したくないために損をしている人がいるのです。

主観ではなく事実に基づいた方法を

損失回避性によって損をしている人に共通する理由が「主観」です。

損をすることが嫌な気持ちは分かります。

ですが、世の中に絶対というものはありません。

必ずリスクは発生します。

リスクを怖がって十分すぎる確率があるのにやらないのは損です。

主観ではなく事実を見て、冷静に判断することが必要でしょう。

 

 

LINE@友達追加↓質問や相談だけなど、些細な事でも大歓迎!お気軽にメッセージして下さい。

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.