悪い情報も積極的に取り入れていく

悪い情報も積極的に取り入れていく

みなさま、こんにちは。DSKです。

以前、知人のやっている投資のデメリットについて質問してみると「そんな話は嘘だから大丈夫」と言われたことがありました。

デメリットは事実なので、どう対策を取っているのか質問したつもりでしたが、自分のポジションに否定的な情報を取り入れない人もいるんだな。と感じました。

ということで、本日のテーマは【悪い情報も積極的に取り入れていく】です。

投資はデメリットやリスクがあって当たり前

投資に興味を持った人で「リスクのない投資をしたい」という人がいますが、残念ながら投資には必ずデメリットやリスクがあります。

また投資を行っていると、ネガティブな情報が出てくることがあります。

時代や流れによって、今まで良かったものでも悪くなることもあります。

そういった情報を踏まえてどう対策するかが重要になります。

しかし投資に限らずですが、一度始めた事のネガティブな情報を受け入れない人もいます。

ポジションを持つとネガティブを受け入れづらくなる

人は一度ポジションを持ってしまうと、それを良い物と思うような心理が働きます。

例えば、同じような価格帯で性能も似たような車を買ったとします。

しかし、評論家や世間の評価がライバル車の方が高い場合、無意識に欠点が目に付くようになります。

これは自分の意志によって選んだものを良いものだと確認したくなる心理の影響によるものです。

この心理によって正当化されすぎると、間違いを認められずに泥沼にはまっていってしまいます。

耳をふさぎたくなっても事実を取り入れていく

投資をしていると、必ずしも自分に良い情報ばかりではありません。

もしかしたら買った株が、これから下がるしかないという評価が出るかも知れません。

そんな話は耳をふさぎたくなるものですが、本当に下がり続ける可能性が高いのであれば、早めに損切りすることが大事になるので事実を確認する必要があります。

正当化したくなるバイアスがある事を認識して、一度冷静になってネガティブな情報も取り入れていき、より成功率の高い投資を行っていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓質問や相談だけなど、些細な事でも大歓迎!お気軽にメッセージして下さい。

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.