完璧を求めすぎると挫折しやすい

完璧を求めすぎると挫折しやすい

みなさま、こんにちは。DSKです。

以前、知人から「お金を貯めようと思うけど貯められない」という相談受けました。

知人は真面目だし計画もしっかりしていました。

なぜ貯められないのだろうと思いながら話を聞いていると、知人が完璧を求めすぎて挫折していたことが分かりました。

完璧を求めて挫折するくらいなら「ある程度」という気持ちで適当でも長続きする方が良いですね。

ということで、本日のテーマは【完璧を求めすぎると挫折しやすい】です。

完璧主義者はゴミ屋敷になりやすい

昔、カウンセラーの方と話をしていて「ゴミ屋敷は完璧主義者が多いんだよ」と教わりました。

始めは想像出来なかったのですが、理由を聞くと「なるほどな」と納得してしまいました。

完璧主義の人は「環境」「道具」「結末」まで完璧を求めます。

例えば、床に置かれた本を「本棚を片付けてからじゃなきゃ置きたくない」と放置したりします。

そういった積み重ねで物が増えていきます。

そして今度は「やるなら一気に片付けたい」となり最終的に「やっても終わらない」と挫折することになります。

「中途半端でも仕方ない」と、やれる時に少しずつでもやっておけば、こんなことにはならないでしょう。

挫折を繰り返すことの悪影響

完璧主義者は計画通りに行うことが好きです。

これは仕事や貯蓄などもそうです。

ですが、どんな計画にも狂いは生じるものです。

ただ、完璧主義者はその計画の狂いが起こることによって、予定してた「完璧」が実現できないと挫折します。

挫折したとしても、大したことじゃないなら問題ないと感じる人がいると思いますが、挫折を繰り返すことは良くありません。

あまり挫折が多くなると人は「自分は出来る」という自信が薄れていってしまいます。

自信が薄れれば、本来できるはずの事も「出来ないかも知れない」となり、そこから「出来る様になったらやろう」と止めてしまいます。

この程度で十分と気持ちを楽に

本来、完璧主義の人は真面目で几帳面です。

そして、自分の目標や理想に対しての妥協をしない強さもあります。

ただ完璧を求めるが故に、精密機械のように1つ歯車が狂うだけで壊れてしまう事があります。

あまり完璧を求めすぎず「この程度で十分」と気持ちを楽にして、質よりも量を意識していきましょう。

本来努力家なので、量をこなせるようになれば良い結果を残していけるでしょう。

 

 

LINE@友達追加↓質問や相談だけなど、些細な事でも大歓迎!お気軽にメッセージして下さい。

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.