年金を払うのは損なのか?

年金を払うのは損なのか?

みなさま、こんにちは。DSKです。

私は知人や友人から「年金って払うだけ無駄じゃないの?」と聞かれることがあります。

近年では「財政破綻」や「年金がなくなる」など悪いニュースが流れたりして、不安な人も多いでしょう。

ただ、平均寿命や他の保障を考えると、無駄だとは言えないでしょう。

ということで、本日は【年金を払うのは損なのか?】です。

年金保険の保障は手厚い

近年「年金の破綻」や「将来は払い損」という事が言われています。

貰える金額や年齢を考えれば、昔に比べて少なくなってきているのは確かです。

ですが、年金を払うのは無駄だとまでは言えないでしょう。

もちろん、年金に支払う分だけ何かに回して利益を得ることが出来るかも知れません。

しかし、年金は資産運用ではなく保険です。

同じような保障内容を民間で賄おうとしたら難しく、優秀な保険であると言えるでしょう。

平均寿命まで生きれば元は取れている

現在の国民年金の受給金額は満額で年間約78万です。

これに対し、支払い合計は40年×12か月×約16500=792万です。

受給開始から10年ちょっとで元が取れます。

年金は死ぬまで受給できるので、多くの人が元を取ることになります。

ただ、現在の話なので将来的にはどうなるのか分かりませんが、その頃には平均寿命も延びるはずなので、同じように元は取れるのではないでしょうか。

年金だけで生活していくのは難しいが価値はある

また年金保険には「障害基礎年金」や「遺族基礎年金」などがあります。

本人が障害者になったり死亡した場合に受給が出来ます。

これも年金保険の支払いの中に入っているので、付帯サービスとしては良いのではないのでしょうか。

年金が問題になっているのは、昔は年金だけで生活が成り立っていたものが成り立たなくなった事です。

年金1つで将来が安定な時代は終わりましたが、保険という点で見れば民間の不要な保険で払い損になっている人の方が余程多いように感じます。

貯蓄や投資などを組合わせ老後の資金を作りつつ、保険として利用していくと良いでしょう。

 

 

LINE@友達追加↓質問や相談だけなど、些細な事でも大歓迎!お気軽にメッセージして下さい。

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.