既存不適格物件は注意が必要

既存不適格物件は注意が必要

みなさま、こんにちは。DSKです。

以前、友人が「実家を建て替える予定なんだけど、土地が道路に使われるから狭くなるらしい」と言っていました。

おそらく、セットバックと呼ばれるもので決められた道路幅を確保するために後退させられるのでしょう。

このような昔は大丈夫でも法律が変わり、建て替えやリフォームで問題が出てくるものがあるので注意が必要です。

ということで、本日のテーマは【既存不適格物件は注意が必要】です。

昔はOKでも今はダメな建物

みなさんは「既存不適格物件」というものをご存知でしょうか。

よく「違法建築」と混同している人がいるのですが別物です。

違法建築は建築基準法を無視していたり、許可が下りた後に無断で改築していたりするものです。

それに対して「既存不適格物件」とは、建築当初は法に則って建築されたが、後に法律が変わって適合しなくなった物件の事を言います。

法律が変わる度に「ここを直せ」「今度はこっちだ」とやっていたら、費用も労力も莫大な物になってしまいますよね。

そのため、「とりあえずこのままで良いけど、問題があったりタイミングが合えば適合させてね」と猶予を与えられている物件が「既存不適格物件」なのです。

既存不適格物件の注意点

では、この既存不適格物件をなぜ注意しなければならないか。

まずは建て替えやリフォームです。

既存不適格物件は法律が変わる前の物件なので古いことが多いです。

そのため建て替えやリフォームを行おうと思う人が多いでしょう。

その時に建ぺい率や高さ制限、再建築の不可など思った通りの建築が出来ない、費用が大幅に増えてしまう、役所への手続きが多いなどの問題が出てきます。

それにより断念してしまう人もいます。

他にはローン審査への影響です。

上で挙げたように、既存不適格物件は古い上に建築問題などがあります。

そのため融資のハードルが高く、十分な融資を受けられない場合や融資自体を断られる可能性もあります。

既存不適格物件は買ってはいけないのか

これまで既存不適格物件の注意点を挙げてきました。

では、既存不適格物件は購入してはいけないものなのでしょうか。

結論から言うと「分かった上で利用法が明確なら問題ない」です。

既存不適格物件は難ありと考えられるので、立地の割に低価格で購入できます。

それを考慮して、土地としての利用法を考えて購入するのも良いでしょう。

また最近は技術も上がっているので、リノベーションなどで快適な住居にすることも可能です。

これは他の格安物件でも同じですが、ようは使い方次第です。

自身の利用法に合致するものであれば十分価値のあるものになるでしょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.