融資が厳しい今、真面目な人が得をする

融資が厳しい今、真面目な人が得をする

みなさま、こんにちは。DSKです。

最近では金融庁の融資への目が厳しくなり、銀行へも簡単に貸さないように指導してます。

先日お会いした投資家の方は「属性だけじゃなく人柄も見るようになってきたよ」と言っていました。

銀行も不動産投資家に対して経営者としての姿勢を求める様になってきましたね。

ということで、本日のテーマは【融資が厳しい今、真面目な人が得をする】です。

融資が厳しくなっている

近年、不動産投資ブームによって多くの不動産投資家が生まれました。

サラリーマンはもちろん、主婦やフリーターで成功している投資家の方も多くいます。

しかし、流行りは良い事ばかりではなく、流行りに乗じて不利な契約を結ばせる業者などもあり、破産や任意整理をする投資家も多くいました。

かぼちゃの馬車など大きな事件もあり、不動産投資=危ないといったイメージも強くなってしまいました。

そういった背景もあり、最近では融資が厳しく物件を購入できない人も増えています。

不動産投資を事業として見る必要がある

本来、不動産投資は比較的安定的な物なので、銀行としてはしっかりとした計画があれば融資をしたいもののはずです。

しかし、現状は悪徳な業者や楽観的な投資家も数多く、そのためか最近では融資をする投資家の人柄も考慮するようになってきました。

今までは個人の属性が良ければ、それだけで融資が下りていましたが、これからはそうはいきません。

その人の人柄も審査される様になります。

ここで言う人柄とは、「経営者目線でお金をコントロール出来る人」です。

収入と資産のバランスはとれているか。

賃貸経営で想定される問題や金銭などを把握しているか。

一時的な上下に感情的にならず、堅実に続けていけるのか。

こういった事も判断材料と見られますし、重視されていくでしょう。

当たり前の事をコツコツと

人柄を見られるといっても、事業に真剣であれば当たり前の事ばかりです。

それだけ、軽い気持ちの不動産投資家が多かったのでしょう。

しかし、これは逆に真面目に事業として取り組もうと思っている人にはチャンスです。

今までブームに乗っていたライバルが減るので競争率が下がるからです。

現状は大きく投資できない人も、自己資金を貯めたり、小さい物件を黒字経営したり、コツコツと行っていくことで、大きくしていくことも十分可能です。

大変な時期ではありますが、やれることから積み重ねていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.