医療保険は小額で最低限の保障を

医療保険は小額で最低限の保障を

みなさま、こんにちは。DSKです。

知人やお客様と保険の話をしていると「損をしない保険ってどれですか」と聞かれることがあります。

本来、保険はほとんどの人が損をすることで、万が一の時に手厚い保障が受けられます。

保険の本質を考えて、本来の“保険”をかけていきましょう。

ということで、本日のテーマは【医療保険は小額で最低限の保障を】です。

保険は本来、掛け捨ての商品

保険とは本来、急に数千万単位のお金が必要になった場合など、万が一の場合その後の人生を左右するような、大きな問題の為に掛けておくものです。

そんな問題が頻繁に起きては困るので、ほとんどの人は保険は払い損で終わってしまいます。

しかし、万が一という時には生活していくことが出来る。

これが本来の保険の在り方です。

しかし、現在では日帰りの入院でも保障されたり、健康でいれば数年ごとにお金がもらえたりします。

軽い事由で給付金がもらえたり、祝い金があるのは嬉しいことですが、そのデメリットを考える必要があるでしょう。

本質からずれると自分の首が締まる

保険で損をしたくない。

掛け捨てはもったいない。

少しまとまった額が必要なものは保険を掛けておかなきゃ。

こういった保険の本質から外れた考えが広まる事で、様々なニーズに応える商品がたくさん作られ、保険を掛けておく事で安心できる生活を送れるようになりました。

しかし、何ごとも良い事ばかりではありません。

色々な保障を求めることによって保険料は上がり、生活が圧迫され自由に使えるお金を失いました。

さらに、軽い問題にも対応するようになった保険は、保険事由の確率が上がり保障内容が薄くなります。

あれもこれもと求めた結果、薄い保障内容に高額を掛けなくてはならなくなり、自分たちの首を絞めることになってしまうのです。

保障も保険料も最小限に

保障が厚いことに越したことはないですが、その厚くなった部分は全て保険料に上乗せされます。

保険料は保証会社の中の頭のいい人たちが「絶対に保険会社が得する」様に計算しつくしています。

それならば本当に必要な分、起こってしまったら人生を左右するような部分にだけ保障をかけ、残りは貯蓄するなり増やすなり対策をしておいた方が有効です。

一見すると安く見える保険も、生涯では数十~数百万になります。

本当に全て保険に頼る必要があるのか再確認してみると良いでしょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.