数を重ねれば正確な確率に近づく

数を重ねれば正確な確率に近づく

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人と株の話をしていた時に「株はやってみたことあるけど、損するだけだから辞めた方が良い」と言われました。

ただよく話を聞くと、株を買ったのは一回だけでボーナスを注ぎ込んだものでした。

せっかく一歩を踏み出せたのなら、一気にではなく少しずつ行っていれば良かったのにと残念に思いました。

ということで、本日のテーマは【数を重ねれば正確な確率に近づく】です。

一発勝負はまさかの場合もあり得る

投資の話をする時に「昔してみたけど今は辞めた」という人に会う事が度々あります。

そういった人たちは以前に投資で失敗して、恐怖感を持っている人がほとんどですが、話を聞くと“一発勝負”をしていた場合が多いです。

一発勝負は当たれば大きいですが、まさかのハズレに当たってしまう可能性もあります。

仮に99%大丈夫な投資でも、その一発が1%に当たってしまえば大損してしまいます。

せっかく良い投資なのに、その1%に当たってしまったせいで印象は悪くなり、再投資はしようとは思わなくなりますよね。

一発勝負で失敗すると、本来は得するチャンスも逃してしまう事になりかねません。

一発勝負をせずに、10回、100回、1000回と回数を分散していれば損失は小さく出来ます。

「分散してしまえば利益も小さいからつまらない」と言われますが、確かに最初はそうかも知れません。

しかし、数をこなして勝率が把握できてくれば、あとは投入資金を変えることで利益はコントロールできます。

大数の法則で精度は上がる

なぜ勝率が把握できれば、利益もコントロール出来るのか。

例えば、勝てば2倍で負ければ0になるゲームがあるとします。

最初は不安なので100円で勝負します。

最初は買っても100円の利益で面白みに欠けますが、100回やった結果から勝率が8割だとします。

その後に10万ずつの勝負を100回やったとすると、80万の勝ちと20万の負けで差し引き60万の利益になります。

勝率さえわかれば、あとは目標に届くように計算して資金を投じれば良いだけです。

上記の説明は単純化したものですが投資はもっと複雑なので、より細かいリスクとリターンのコントロールが可能になるのです。

早くから始めれば、少資金でも回数を増やせる

大数の法則では10より100、100より1000の方が、より正確な勝率に近づいていきます。

もちろん創意工夫をすることによって、勝率の変動も出てくると思います。

そういった全ての情報や経験を計算して、自分のスキルを育てていくのです。

しかし、ただ計算していれば良いのかというと、そういう訳ではなく実践する事が大切な要素になります。

どんなに机上の数値で高確率が出ていても、実践では色々と計算通りにはいかないものです。

そういった点に慣れるためにも、早くから少しずつでも経験をしていくと良いでしょう。

最初は利益も少なく遠回りに見えても、結局はそれが一番の近道になるのです。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.