生命保険は掛け捨てを選ぶべき

生命保険は掛け捨てを選ぶべき

みなさま、こんにちは。DSKです。

生命保険について「貯蓄型と掛け捨てどっちが良いの」と聞かれることが多くあります。

保険を掛けるなら貯蓄も出来た方が良いように見えますが、掛け捨ての方をおすすめします。

保険は保険なので、貯蓄も一緒にという考えはなくした方が良いでしょう。

ということで、本日のテーマは【生命保険は掛け捨てを選ぶべき】です。

貯蓄型保険はおすすめ出来ない

保険屋さんと話をすると「掛け捨てはもったいない」や「銀行に預けるよりは利率が良いから」などの理由で、貯蓄型を勧められることがあります。

「確かに同じ払うなら、少しでも増えた方が」と思った方はちょっと待ってください。

貯蓄型といっても昔の高利率ならともかく、今の利率では大して増えることはありません。

流動的に言っても、貯蓄型の保険は中途解約をすることのハードルが高いというデメリットがあります。

保険は保険、貯蓄は貯蓄で分けて考えることが必要です。

貯蓄型はセット商品なだけ

そもそも貯蓄型保険というのは「保険+運用」のセット商品だと言う事を認識する必要があります。

貯蓄型の保険は掛け捨てに比べて、同じ保険料ならば保障内容が薄くなります。

それは当然のことで、掛け捨てと違い全額を保険料に充ててるわけではないからです。

貯蓄型保険と1つの商品名にしているだけで、掛け捨て保険と運用商品のセット販売というだけなのです。

もちろん、その分掛け捨ての保険より保険料は高額になります。

ここで問題なのが、保険分と運用分に分かれていると言う事は、わざわざ運用を保険会社に任せる必要が無いと言う事です。

それならば運用分は運用専門に預ける方が効果的です。

貯蓄性保険のデメリットを理解する

わざわざ保険会社に運用分を預ける必要はないと書きましたが、実際はメリットどころかデメリットの方が強くなります。

その大きな原因が中途解約のハードルの高さです。

運用は何をするにも元本を割れるリスクがありますが、保険に関しては損益分岐点となるまでの数年~数十年という長期間ずっと元本割れの状態が続きます。

その為大きな資金が必要になった時にも、引き出しで損をする可能性が高くなります。

またセット商品なので、保険も一緒に解約することになります。

加入期間中に大きな病気になっていた場合には、次の保険加入で審査が厳しくなります。

また病気をしていなくても、年齢が上がってからの加入は保険料は高くなります。

貯蓄をするつもりが、解約返戻金で損をして次の保険料も高くなるという可能性は十分にあるのです。

1つの商品であれもこれもというのは楽ですが、その分のメリットも踏まえて検討したいですね。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.