もしもがあった時。残された家族は裕福になる?

もしもがあった時。残された家族は裕福になる?

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、友人が「自分が死んだら、家族は裕福な生活が出来る」と自虐を言っていました。

不謹慎だという人もいると思いますが、実は意外と起こる事なのです。

保険事由が起こった方が裕福になるのは、保険としてはどうなのでしょうか。

ということで、本日のテーマは【もしもがあった時。残された家族は裕福になる?】です。

保険かけすぎてませんか?

みなさんも万が一があった時に家族が路頭に迷わない様にと、生命保険を考えることがあると思います。

保険で万が一に備えることは大切な事です。

ですが、あまり手厚くしすぎて過剰保険になってはいないでしょうか。

私の友人で、そのような保険過剰の状態の人がいます。

彼は生命保険に入っているのですが、保険以外の手当てや保障を考えていなかったので、彼が亡くなると今よりも家族の生活水準は上がるそうです。

それはどういった事なのでしょうか。

保険をもらえる方が裕福な例

友人の場合、住宅ローンに団信を付けているので、毎月8万のローン返済がなくなります。

そして幼い子供が2人いるので子供が育つまで、遺族基礎年金が年間で約120万給付されます。

また遺族厚生年金が年間で約40万給付されます。

それに加えて収入保障の保険で毎月20万が給付されます。

合計すると年間で400万の収入と96万の支出減になります。

さらに、遺族年金は非課税なので、税金は保険金に対してだけ、その上で彼の分の生活費も無くなりますので、生活水準で考えると年収が150万ほど増えた生活が出来るそうです

保険は公的保障や団信なども考慮する

彼の様に万が一があると、家族が裕福になるパターンがあります。

多くは公的保障などを知らずに保険で全て賄おうと考えた場合です。

友人も最初は何も知らず月20万+奥さんが働きに出る計算だったそうです。

分かってそう設定したならば良いですが、日々の生活費を削ってまで万が一の時に裕福になる保険は必要なのでしょうか。

それならば保険は最低限にして一部でも将来の為に投資を行い、老後に家族で楽しむお金を作った方が幸せなように感じます。

保険の計算をする際には、使えるものすべてを使い、それでも足りない部分を補うように十分に計算して設定をしていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.