老後の準備は貯蓄より収入源を作る

老後の準備は貯蓄より収入源を作る

みなさま、こんにちは。DSKです。

ここ数年で老後の準備をする人が増えてきました。

テレビやネットでも節約方法や貯蓄法を紹介していますが、貯蓄だけでは安心は得られません。

老後を考えると貯蓄より収入源を作る事が大切です。

ということで、本日のテーマは【老後の準備は貯蓄より収入源を作る】です。

老後の必要資金はあてにならない

最近まで老後に準備する資産は3000万と言われてきましたが、インフレや寿命が伸びる事などから5000万や1億とも言われるようになりました。

どれが正解と言う事ではなく、これは各自の生活習慣や寿命などにもよってきます。

3000万でも大丈夫な人もいれば、1億でも足りない人もいるでしょう。

年金の金額も変わってくるでしょうし、平均寿命も延びれば必要な資金も変わっていきます。

これだけでも、巷で言われている老後の必要資金というのは当てにならないという事が分かります。

貯蓄は大切な事ですが、貯蓄しておけば安心ということは無くなったのです。

貯蓄では安心にならない

必要資金額が当てにならなくても、貯蓄をしていれば安心ではないのか。

確かに貯蓄はあるに越したことはないのですが、

仮に老後の必要資産を貯蓄で作ったとします。

貯蓄は収入を生まないので減っていくしかありません。

上でも書いたように、将来の寿命や年金額の変化は予測できないので、「死ぬまで尽きないように」老後も節約をすることになります。

現役時代に節約して、90歳まで生きられる貯蓄を作ったのに、恐る恐る使って70歳で大量に残して死んでしまう可能性もあるのです。
それでは、せっかく頑張ったのに報われませんよね。

収入源があれば毎月使いきれる

貯蓄では安心できないと書きましたが、ではどうすれば良いのか。

それは定期的に入ってくる収入源を作る事です。

例えば余命が10年、早くて1年だとします。

貯蓄2500万の場合なら250万で生活する計画を立てるでしょう。

これで1年で死んでしまったら2250万は余らせたことになります。

逆に11年生きてしまったら貯蓄がなく生活が出来なくなってしまいます。

定期収入があれば、その度に使い切ることが出来ますし、長生きになっても生活は変わらずに済みます。

同じような水準で生活をしていても、安心感や幸福感は大きく変わってくるでしょう。

したがって、老後を考える時には貯蓄でなく収入源を作る事に力を入れていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.