節約志向より増収思考で行動する

節約志向より増収思考で行動する

以前、友人に「節約してるけどお金が貯まらない」と相談を受けました。

その友人は収入自体が少なかったので「まずは収入を増やすことを考えた方が良い」と言いました。

先日、久しぶりに友人に会うと「節約してた時よりお金が貯まるようになった」と喜んでいました。

節約も大切ですが、収入を増やすという選択肢を考えることも大切ですね。

ということで、本日のテーマは【節約志向より増収思考で行動する】です。

節約には限界がある

近年、メディアや書籍などで多くの節約術が紹介されています。

普段から身の丈に合わない買い物や、無駄な浪費が多い人であれば、お金の有効な使い方を学ぶのに節約は大いに効果が出るでしょう。

しかし今の日本で、普段そこまで浪費をしている人は多くありません。

もちろん多少は浪費をしてしまう時もあるでしょうが、地に足のついた生活の人が大半でしょう。

浪費をしていないのに節約をすることは、なかなか根気や体力のいるものです。

さらに節約は、どんなに頑張っていても捻出できる金額には限りがあります。

月収20万の人が10万円の節約は無理があるでしょう。

仮に数か月は出来ても、無理をした節約ではリバウンドを起こしてしまいます。

さらに長期的に考えると、節約だけでは別のリスク負うことになります。

長期的に節約はジリ貧になる

将来の為にと長期的に考えるならば、節約ではなく増収を考えなくてはいけません。

それは節約のインフレリスクです。

今日本は毎年2%のインフレを目指しています。

実際に2%が現実的かは別としても、昔より食費や生活費が上がったことは実感できるのではないでしょうか。

節約をしたいのに物価は上がると言う事は、同じ金額を作るのにより多くの節約をしなければならなくなります。

また同じ金額を節約しても、インフレによってその価値は下がります。

つまりインフレが進むほど、上がった物価の中でより多くの金額を捻出しなければいけなくなのです。

仮に収入が変わらなければ、いつかは限界になる事が簡単に想像できると思います。

長期的に考えれば、節約だけではジリ貧になる事が分かるでしょう。

長期なら増収思考を重視する

それならば1万円の節約をするより、1万円の増収を目指した方が良いと思います。

増収ならば、同じく1万円が浮いたとしても生活費を変えずに済みますし、収入が増えるのでインフレにも対応が可能です。

月に数万円であればアルバイト等の副業で出来ますし、個人でビジネスを行っても良いと思います。

投資を学んで収入を増やすのも良いかもしれません。

ビジネスや投資が上手くいったら、本業を超えるかも知れませんし、そのままリタイアも出来るかも知れません。

節約も増収も楽にお金が手に入るものではありませんが、同じ大変な思いをするなら効果的な方を選んだ方が良いでしょう。

副業を行ったり、起業してみたり、投資で増やしてみたり、増収思考で行動してみてはいかがでしょうか。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.