不動産投資の始め時

不動産投資の始め時

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日知人に「今から不動産投資をやっても遅くないの?」と聞かれました。

その時々によってメリットは違ったりしますが、遅いという事はないことを伝えました。

では、不動産投資に早い遅いはあるのか。

ということで、本日のテーマは【不動産投資の始め時】です。

不動産投資に早い遅いはない

昨今の不動産投資ブームによって、不動産投資は多くの人に認知されるようになりました。

そうなると、これから参入する時に気になるのは「これから始めても大丈夫なのか」という事だと思います。

中には、不動産投資は飽和状態だと言う人もいます。

では、今から不動産投資を始めたのでは遅いのでしょうか?

結論から言うと、「その時々のメリット、デメリットはあるが早い遅いは無い」です。

現在の不動産投資の環境

では、その時々のメリットやデメリットとは何でしょう。

今の日本は多少は金利が上がり始めているものの、まだまだ世界的な低金利の状態です。

また、審査が厳しくなり始めてはいますが、まだ融資は受けやすく不動産投資も比較的手を出しやすい状況です。

もちろん、参入しやすい環境というのはライバルが増えるということでもあります。

ライバルが増えるということは、物件の需要が増えるので物件価格も上がり、利回りは下がっています。

逆に、少し前はライバルが少なかったので、物件価格は低めで利回りの高い物件が多かったのですが、その分融資が受けづらく、金利も高い融資をうけていました。

どちらが良い悪いというのはありませんが、初心者やリスクを嫌う人にとって始め易い環境だと思います。

なぜ今は初心者などに取って良い時期なのか。

初心者の始めやすい環境とその理由

その理由としては3つあります。

まず1つ目は、異常に低い金利と長期融資が可能ということ。

金利が低く長期融資ということは、月々の返済額が少額に抑えることが出来ます。

すると利回りが低くても、支払いも少ないのですから赤字になりづらくなります。

次に2つ目としては、融資の実績を作りやすいことがあります。

融資を受ける際、個人の収入だけでなく返済の担保に使えそうな資産が、どのくらいあるかも判断されます。

不動産物件で黒字収益が出ていれば、それも実績として審査で有利になります。

2件目3件目と購入をする場合や、後々いい物件が出た時に融資を受けやすい状態を作っておくためにも、受けやすい今の時期に実績をつくっておけるので、融資が受けづらくなった時に有利になります。

融資が受けづらい時期にはライバルが少なくなるので、物件価格も低くなるのでその時に融資が下りるのは大変なことなのです。

他には、東京五輪、民泊などの社会環境があります。

現在、東京五輪の影響もあり多くの外国人が訪日しています。その為、民泊システムが整備され始めています。

民泊というシステムがあることにより、今まで空室によって得られなかった利益を、民泊によって得ることが出来る可能性が増えました。

住居としては人気がなくても、旅行の宿泊所としては良かったり、短期的に部屋が空いてしまう場合などにも民泊は効果的です。

不動産投資は昔から続いている

以上のように、現在は一攫千金を狙わなければ赤字になりづらく、長期的な視野で計画していくことで、老後などに金銭的な不安のない土台をしっかり築いていける環境です。

不動産投資は古来からある投資方法です。

その時々によってメリットやデメリットが変わることはありますし、利益の大小などはあるでしょう。

しかし、古来からなくなっていないということは、その時々によってやり方を変えればいつでも使える投資ということです。

長期的に地道にコツコツと、堅実に資産を築いていきたいというタイプの人には合いやすい投資でしょう。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.