サブリースと家賃保証の違い

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、お客様から「サブリースと家賃保証ってどう違うんですか?」と質問をされました。

この2つは混同されている人も多いと思いますが、それぞれにメリット・デメリットがあるので違いを知っておくことが必要です。

ということで、本日のテーマは【サブリースと家賃保証の違い】です。

サブリースは物件を業者に貸している

かぼちゃの馬車やレオパレスの問題で「サブリースは危険」といった風潮が出ていますが、サブリースがどういったものか分かっていないまま「危険な物」と認識してい待っている人が増えました。

ですが、本来サブリースは健全な経営を行っていればオーナーにとっても、業者にとっても利益のあるもので、危険な物ではありません。

サブリースは直訳すると「又貸し」です。

オーナーの物件を業者が借り、その借りた物件で業者が不動産経営を行います。

又貸しをしているので、入居の客付けやメンテナンス、管理業務は業者が全て行い、得た利益の中からオーナーへの賃料を支払っています。

業者が健全に経営を行っていれば、毎月安定的な収入が確保されますし、件数を増やしていく事によって、数件の空室くらいでは問題なくなります。

ただ、健全な経営が出来ていないと当然ながら利益は出ませんので、サブリース賃料の値下げを相談することになります。

「保証する」と言っていたにも関わらず、一方的に賃料の値下げを行う業者がいるのでサブリースが危険という話になるのです。

家賃保証は滞納対策

サブリースに対して家賃保証はどういったものなのでしょうか。

家賃保証とは、入居者が滞納した際に保証会社が代わりに家賃を支払い、滞納者への催促を行います。

それによりオーナーは家賃滞納のリスクを回避する事が出来ます。

またこの保証会社の利用料は借主が負担するので、オーナーとしては特に負担もなく利用が出来るのでメリットが高くなります。

ただ、家賃保証会社は管理や経営を行う事はないので、不動産経営は全て自分で行うことになります。

不動産は購入したけど、経営は不安だから自分ではやりたくないという人はサブリースの方が合っているでしょう。

ただ、自分で経営も管理もしっかりしたいという人であれば家賃保証はあっています。

管理やメンテナンスなどは個人でもやり易いものではありますが、滞納に関しては保証会社を利用した方が良いでしょう。

滞納は空室と違って、賃料が発生しないだけでなく次の入居者を探すことも出来ません。

また、滞納をする人は難がある人が多いので裁判までもつれ込むこともあり、労働の割に対価が合わないことがほとんどになります。

それであれば保証料は借主が支払い、手間もかからない家賃保証会社を利用するのが賢明な選択と言えるでしょう。

サブリースも家賃保証もツールの1つ

サブリースと家賃保証の違いを説明しましたが、どちらが良いという事はありません。

結局はどちらもツールの1つでしかありませんので、どこまで自分でやるのか。

どこを任せたら効率が良いのか。など、自分で計算し計画を立てていくしかありません。

不動産投資は確かに少労働ではありますが、完全に不労収入ではありません。

自分でやる事と任せるところを決めて、より効果的な資産形成を行っていきましょう。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.