個人投資家だからこその強み

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、 証券会社の知人と話をしている時に「個人投資家の方が自由が利くから有利でもあるよ」と言っていました。

個人には個人の強みがあるので、強みを知って上手く資産運用をしていきましょう。

ということで本日のテーマは【個人投資家だからこその強み】です。

お客様から資金を預かる機関投資家

投資家と聞くと、すべて個人が行っているように感じると思いますが、実は「個人投資家」と「機関投資家」がいます。

個人投資家は皆さんと同じように、個人で投資を行っている事を言います。

機関投資家とは銀行や年金組合、農協など顧客から集めたお金で投資運用を行っているのが機関投資家です。

機関投資家は企業や団体なので規模が大きく、金融会社同士の繋がりや各専門チームによるデータ分析や情報収集を行っている為、情報量や分析力などの優位性があります。

これが個人投資家だと、取引から情報収集や予測、さらには利益の計算まで全ての事を1人で行わなくてはなりません。

一見すると、組織で勝負している機関投資家に個人では勝負にならないように見えます。

しかし実際は、“個人投資家だから不利なのか”と言うとそうでもないのです。

個人投資家の強みは自由

投資は元金を多く持っていると強いです。

その点で機関投資家は顧客のお金を扱っている為、資金にものを言わせて効果的な資産運用が出来そうな気がします。

しかし顧客のお金を預かっているが故に、それを守る必要も出てきます。

その為、ポートフォリオ構成や即座の判断に対してお伺いを立てたり、リスク度合いなど制限が起こります。

機関投資家は、顧客の資産を集めて大きな規模で運用できる反面、あらかじめ“どういったものに”“どういった投資をするのか”というのを提示して、納得した人が資産を預けるので簡単には変更しづらい状況になります。

個人であれば、瞬間的に「今ここがいいから買おう」という事が出来ますが、機関投資家になると瞬時の判断が遅れたり、その判断が出来ないという事も起こります。

また機関投資家は、顧客に出資を続けてもらうために短期的な結果も必要となります。

個人であれば、多少損失を出していても「今は損失でも将来上がるから持っておこう」という長期的な判断がしやすくなりますが、機関投資家は短期的にも結果を出さないといけません。

ある程度は約束したリターンを提供したり、大きいマイナスは避けたりする必要が出てきます。

そのため思い切った投資が出来なかったり、持ち続けていれば上がるというような状況でも売りに出さなければいけない場合があります

長期的に落ち着いて、冷静に投資が出来ることも個人の強みでしょう。

ハイリターンの小型株が狙える

他にも、機関投資家は資本が大きい為に小型株の購入にも制限があります。

小型株とは、時価総額が比較的小さな銘柄の事です。

機関投資家は顧客から資金を集めているので、その規模は億単位になります。

そんな額を数十億の小型株に投資してしまうと、小型株にとっては影響が大きくなりすぎてしまうため、市場操作に繋がってしまうということで参入に制限があります。

個人であれば 業績や指標を見て高確率で上がると言える株であっても、機関投資家は見送るしかありません。

また小型株は小さい分、成長すれば大きなリターンとなります。

特に現在の日本では、大企業の成長より中小企業の成長が多くみられるので、そこに機関投資家が参入できないというのは個人の大きな強みとなります。

一見すると不利に見える個人投資家。

しかし個人投資家は個人ゆえの優位性があります。

その優位性を利用して、上手く資産運用を行っていきましょう。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.