長期住宅ローンの持ち家ならば賃貸の方がマシ?

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人と話をしていて「フラット50ってあるけど、あれは怖いよね」と言っていました。

住宅ローンは長期になればなるほど返済額は少なくて済むので人気ですが、あまりにも長い場合、いっそ賃貸の方がマシだと言えるでしょう。

ということで、本日のテーマは【長期住宅ローンの持ち家ならば賃貸の方がマシ?】です。

完済するまでは持ち家じゃない

この低金利時代において、「賃貸にしていても家賃がもったいないから、いっそのこと持ち家を買った方が得」といった理由で持ち家を検討される人も多いと思います。

ですが、本当に持ち家を購入した方が得なのか確認しておく必要があるでしょう。

住宅ローンで持ち家を購入する際に、多くの場合抵当権の登記が条件になっています。

抵当権とは、簡単に言うと「返済できなくなったら家を売ってお金にするよ」というものです。

仮に35年ローンで30年間払い続けていても、返済不能になれば抵当で失ってしまう可能性も大いにあります。

持ち家と言えどローンを完済するまで、実際には自分の資産とは言えないのです。

支払いの割に価値が残らない

住宅ローン返済中は抵当権が付いているので、自分の物とは言えません。

ですが当然、完済すれば抵当権も消してくれるので自分の資産になります。

ただ資産になると言っても、一般的に木造住宅の寿命は20年ほどと言われています。

苦労してローンを完済した後、まともに価値がある資産は土地だけです。

RCマンションであれば40年以上ですが、マンションの場合は土地の持ち分は少なくなりますし、共有部分と言う自分だけのものではない部分も出てきます。

そのため建物部分の価値がなくなると、実質ほとんどの価値を失ってしまいます。

戸建てでもマンションでも管理費や修繕費などが必要になってきます。

35年間で1000万近くなると言われるメンテナンス費は、毎月2~3万ずつを積み立てる計算になります。

この修繕・管理費は、返済後もメンテナンスをするために準備し続ける必要があります。

総合的に見ると賃貸の方が優秀

長期ローンは月々の返済を低く出来ますが、生活の変化なども考慮していく必要があります。

子供が出来た時の為にと、夫婦2人の時から2階建ての3LDKを購入したが、ずっと夫婦2人でほとんど1階で過ごしているなんて場合もあります。

将来、子供に家を残そうと高齢まで長期ローンを払い続けたものの、核家族化が進んでいる現代では、家を売却して高齢者用賃貸や施設に入る人も珍しくありません。

仮に4000万円の家を1.5%で35年支払うと総支払額は5143万円

それに管理や修繕などのメンテナンス費が1000万

固定資産税を抜いても6000万を超えます。

これを賃貸で考えた場合、平均月14万の家に35年間住むことが出来ます。

持ち家は素晴らしい物ですし、自分たちの欲求を大きく満たしてくれるものです。

しかし、それを購入するために無理して長期ローンを組むのであれば、好きな賃貸を転々としている方が、最終的に支払額や手間が少なかったりと良い場合も多くあります。

家賃がもったいないからと考えて持ち家を購入しようと考えている人は、本当に得なのか一度考えてみると良いでしょう。



LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村




PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.