安定的な投資は地味な部分が大事

みなさま、こんにちは。DSKです。

投資の集まりに行った時の事です。

ある人が知人に「投資って面白そうだね」と聞いていました。

知人は「お金が増えるのは面白いけど、やってることは地味だよ」と言っていました。

地味な作業はつまらないものですが、それが利益になるので大切ですね。

という事で、本日のテーマは【安定的な投資は地味な部分が大事】です。

仕事は楽しく面白い方が良いが

最近は、働き方改革や生き方のハウツーなどの影響で「夢中になれる仕事をしよう」や「楽しく仕事することが大事」といった価値観が広がってきました。

お金を稼ぐのに、楽しんだ方が結果的には近道だったりするので、良い風潮だなと思います。

年配の方の中には「仕事は大変で辛いからお金を貰えるんだ」という意見の人もいます。

これは間違いで、本来は「人の役に立ったお礼」としてお金を貰えます。

確かに、人がやりたがらない事はお金をもらいやすい反面、辛い可能性もあるでしょう。

しかし、自分がやっていて楽しくても人の役に立てれば、お金はもらえます。

どうせなら辛い仕事より、楽しい仕事の方が良い仕事を提供できると考えるのは理にかなっています。

ただ同じお金に関わる事でも、投資は楽しい事よりつまらない事が重要だったりします。

投資に情熱は必要ない

仕事をする上で情熱というものは大きな要素になります。

情熱がある事で頑張ったり、認めてもらえるなんてこともあります。

ですが、投資には情熱は関係ありません。

どんなに気合を入れても個人の力で相場を動かしたりなどできません。

例えば、株式では相場を予想したり、お気に入りの株を増やしていくなどは楽しい事です。

ですが、よほどセンスやスキルがある人でなければ、インデックス連動に淡々と積み立てていく方が成果として安定性は高くなります。

不動産投資の場合も物件を直接見に行ったり、近所がどんな感じなのか見て回ったりすることは楽しいでしょう。

しかし、それよりも借入計画や出口戦略を考えたり、管理体制はどうなっているのか、レントロールに問題はないか確認するなど、面倒でつまらない事の方が収益に直結します。

投資を行うに至っては、情熱より綿密な計算の方が大切です。

楽しみたいなら趣味や投機で

では、投資は楽しみが何もないのかというと、そうでもありません。

安定的に資産形成という考えで言えば、楽しさより地味さが目立ちますが、リスク度を上げても良い資金でやる投資には色々な楽しみ方があります。

例えば、これから成長しそうな企業を予想してハイリターンを狙ってみたり、好きな企業を応援するために株式を購入することも良いでしょう。

エンジェル投資家になって、素晴らしい商品を世に出す手助けをしても良いと思います。

何かに特化した物件で不動産経営するのも楽しいかもしれません。

同じ投資でも役割を分け、堅実性と楽しみを上手く組み合わせながら資産形成を行っていきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.