老後の資産2000万を貯蓄だけで対応しない方が良い

国が年金の限界を認め、連日メディアでも報道されています。

友人とその話をしていた時に「ずっと貯金していたから2000万はなんとかなる」と安心していたので、「もし30年以上長生きしたらどうするの」と聞くと想定外だったようで慌てていました。

政府の話は“2000万を貯めれば安泰という訳ではない”事を理解しておく必要があります。

ということで、本日のテーマは【老後の資産2000万を貯蓄だけで対応しない方が良い】です。

年金の限界。老後は2000万が必要

先日、金融庁の発表により“年金の他に2000万が必要”と、連日メディアで放送されています。

金融庁の発表では、今後は今までと同水準の年金額を維持するのは難しい事、夫婦2人で30年老後があると仮定した場合、年金だけでは毎月約5万が不足し30年で2000万近くが不足するとの発表でした。

中には「100年安心じゃなかったのか」と言っている人もいますが、これは年金制度が破綻しないだけで、年金額の保障など誰もしていません。

現在の状況を考えて、遅かれ早かれこの状況になるのは目に見えていたことです。

むしろ直近になって「無理です。払えません」となるより、早めに指標を出してくれたことは良心的に思います。

早い人はもうすでに準備をしていますが、まだこれからでも間に合う人も多いでしょう。

2000万貯めても貯蓄では不安が付きまとう

2000万足りないと聞くと「2000万貯めなければ」と感じてしまいます2000万を貯める事が目的ではありません。

仮に老後に2000万の貯蓄が出来たとします。

毎月生活費の補填で5万ずつ取り崩していき25年が経ちました。

まだまだ健康で医者からも「後10年は十分生きられる」と言われました。

残りの貯蓄は500万。

このままでは8年ほどで貯蓄が無くなってしまいます。

年を取るにつれて不安が大きくなる。

これでは、せっかく苦労して貯蓄しても悲しいですよね。

貯蓄だけに頼るのならば、使いきれないほどの貯蓄が必要でしょう。

毎月の収支がプラスになるように計画を立てる

貯蓄だけでは不安が残る。

ではどうすれば良いのか。

それは他にも収入を作ると言う事です。

発表に合った2000万という金額は、毎月5万の不足が30年合計すると約2000万になるという話です。

つまり月5万の不足を収入で補えるのであれば、極論を言えば貯蓄は不要になります。

65歳以上でも再雇用で働いていれば5万の不足分は補えるでしょうし、同時に70歳まで繰り下げれば20万の年金が28万まで増えます。

個人での事業を育てて、老後も収入が続くようにしておいても良いです。

不動産投資で家賃収入を作っておいたり、投資配当金が月5万あるのでも良いでしょう。

子供と同居をして支出を減らすのも方法です。

重要なのは2000万の貯蓄を作るのではなくて、毎月5万の不足をどう補うかを考えて、よりよい老後を作っていきましょう。



LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村




PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.