ネガティブシンキングも必要

ネガティブシンキングも必要

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人と話をしていると「私はネガティブだから、あまり投資とか向いてないよね?」と聞かれました。

確かに、投資はポジティブな人が行っているイメージがありますが、実際にはネガティブな人の方が結果を出しているように感じます。

ネガティブシンキングが投資に対して、どう影響しているのでしょうか。

ということで、本日のテーマは【ネガティブシンキングも必要】です。

ポジティブ=良い。というわけではない

世の中には、ポジティブな人もネガティブな人もいます。

本来、どちらが良いという訳ではないのですが、最近では「ポジティブに考えよう」とか、「ポジティブシンキングで上手くいく」といった本やセミナーなどが多くあります。

もちろんポジティブな時も大切なのですが、ポジティブであれば全て上手くいくということではありません。

特に、リスクヘッジや何かを開始するときにはネガティブな考えも大いに必要になってきます。

ネガティブシンキングのメリット

投資にしても、人生にしても大きな決断が必要な時が多々あります。

何かを選択する時は、何かを得ると同時にリスクも負うことになります。リスクがあるものは、初めは不安が多いと思います。

そういった時、仮にポジティブシンキングだけであれば、結果がどうであろうと「運が悪かっただけ」「次はうまくいくさ」と反省や次への対策がなくなり、さらには「きっとうまくいく」という根拠のない自身で大怪我を負う場合があります。

そこでネガティブな考えも入れる必要があります。

「上手く行かなかったらどうしょう」というネガティブな考えがあれば、「どうしたら上手くいくか」と調べる要因になり、不安を取り除くために行動します。

このように、ネガティブな考えが出てきたものに対して、不安や疑問を解消するように行動し続けることで、知識や理解が深まり、自信を持って次の行動が出来るようになります。

ネガティブに考えポジティブに行動する

上記でネガティブシンキングも必要と書きましたが、かといってネガティブだけでは事は進みません。

ネガティブシンキングによって出された不安点や疑問点を解消するためには、行動力に対してはポジティブが必要になってきます。

不動産投資などの金額が大きく不安が大きくなりがちのものでも、ネガティブに考えポジティブに行動する事によって、自信を持ってより確実性を高めて進めることが出来ます

ポジティブやネガティブは、どちらが良いというものではありません。それぞれを上手く使いわけ、最適な判断が出来るようにしていくことが良いでしょう。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.