時給単価ベースで行動する

みなさま、こんにちは。DSKです。

最近、知人と会った時に「家事代行を頼み始めてから、時間に余裕が出来てやりたいことが出来るようになった」という話を聞きました。

彼は収入は高いのですが、忙しくて趣味の時間が取れないと嘆いていたので、良いお金の使い方をしたなと思いました。

外注を使って、より効果の高い時間を作る事も大切です。

という事で本日のテーマは「時給単価ベースで行動する」です。

時給単価を意識する

会社員の人と話をしていると、「年収」や「月給」に対しての意識はあるのに「時給」に対しての意識が低い人が多いです。

友人に「時給」の話をしたら「時給ってバイトでもするの」と聞かれてしまいました。

多くの人が「時給」と聞くと、アルバイトやパートを思い浮かべますが、月給の人でも「時給単価」は意識した方が良いでしょう。

例えば月30万の収入で月に200時間働いた場合、時給は1500円となります。

この時給単価をなるべく高くするように意識して働くことが大切です。

なぜかと言うと時給単価が低ければ、その分時間が無くなりますし、大金を稼ぐためには、その分労働時間が多くなるからです。

逆に時給単価を上げれば、同じ収入でも時間に余裕が出来るので、違う仕事や趣味などに充てることが出来るようになります。

収入が高ければ良いと言う事ではない

私の知人に年収1000万以上のAと、年収700万位のBがいます。

金額だけ見るとAの方が良いですが、Aは毎日の様に朝から晩まで仕事をしています。

試しに時給計算をしてみると、時給単価が2300円程でした。

それに対してBは、残業もほぼなく年休も120日ほどあり、時給単価を計算してみると約3600円でした。

年収はAの方が高いですが、Bの方が趣味の時間も取れて充実しています。

仮にBがAと同じくらい稼ぐ場合でも、働いている時間は少なくて済みます。

時給単価を高くすることで、収入と時間の分配がしやすくなり、余裕のある人生を送ることが出来るのです。

知人の整体師は「家族との時間が欲しい」と1日1人、2時間だけやって生活している人もいます。

労働時間以外も時給単価で考える

この時給単価は仕事の場面だけでなく、日常にも使えます。

富裕層などはこの事を理解しているので、一般の人が「これくらい自分でやればタダなのに」と感じる事でも外注や代行を利用します。

富裕層はその作業が「タダではない」事を分かっているからです。

例えば、時給3000円の人が家の大掃除に半日かけたとします。

3000×6なので、それは18000円分の価値です。

家事代行を利用すれば、その間に18000円分の仕事が出来ます。

18000円あれば、代行を使ってもお釣りがくるでしょう。

時給単価を意識して、時給単価より安くて人に頼めることは頼んでしまった方が、より生産性を高めることが出来るのです。

日本の労働者の質は世界トップクラスにも関わらず、最低賃金は先進国最低レベルです。

本来ならもっと給料を貰ってもおかしくない人が沢山います。

おそらく、役不足な無駄な仕事も多くあるのでしょう。

これからは個の時代です。

自分を安売りせずに、時給単価を上げて余裕のある生活をしていきましょう。



 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村




PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.