その常識はもう古い?常識を疑おう

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、学資保険を検討している友人に相談された時の事です。

学資保険は損するから止めた方が良いと説明すると「でも、子供が出来たら入るのが普通でしょ」と聞かれました。

確かに以前は普通でしたが、普通や常識は時代とともに変わっていきます。

古い常識に囚われない感覚が必要です。

ということで、本日のテーマは【その常識はもう古い?常識を疑おう】です。

常識は時代とともに変わっていく

「普通に考えたら」「こうするのが当たり前だよ」「常識的に考えて」

普段生活していると、この様な言葉を聞くことがあります。

みなさんも子供の時など、親や先生から「これが常識だ」と教えられてきたものがあると思います。

日本では常識的だったり、普通というものを良しとする風潮があります。

ですが、その「常識」とは流行り廃りがあり、時代によって変わっていくもの、また各自の環境や経験によっても変わるものです。

医学や子育て、働き方や人々の考え方など。

昔は常識だったもので、現在は非常識になっているものも多くあります。

職場での喫煙は当たり前に行われていましたが、今やったら下手したらクビですよね。

常識は時代とともに変わっていくのです。

お金の常識も変わっていく

常識は時代とともに変わっていきますが、これはお金についても言える事です。

例えば「子供が出来たら学資保険に入った方が良い」や「定期保険で貯蓄するのが一番」など。

確かに昔はそうだったのかも知れませんが、現代ではおすすめ出来ません。

昔は保険にしろ預金にしろ、利率が良かったので保険や貯蓄と資産形成が同時に出来ました。

ですが、現在の利率ではインフレにも勝てないので、実質目減りしていくだけです。

親や年配の方は、それで成功体験を持っているので“善意”で教えてくれていますが、時代に合わせたものか判断しなくてはなりません。

汗水たらさずにお金を増やしても良い

古いお金の常識に「お金は汗水たらして稼ぐものだ」というものがあります。

投資の話をすると「あんなの金持ちがやるもんだ」「借金まみれになるぞ」「そんな事しないで真面目に働け」という言葉を聞いたりもしました。

ここ最近で大分投資が普及してきたので、そういう人は減ってきましたが、中には「こんなに増える訳がない」と情報をシャットアウトしてしまう人もいます。

今の時代、投資で増やすことは普通です。

古い常識で考えて、損をしてしまうのはもったいない事です。

常識は大切ですが、本当に今の時代に合っているものなのか、「常識」を疑ってみる事も大切でしょう。



 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村




PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.