積立投資と資産運用で一生涯の年金を作る

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人から「2000万不足って言っても、どうすれば良いの」と相談されました。

知人はまだ若いので、投資で個人年金を作ろうと説明しました。

複利と時間を使って、投資の恩恵を受けていきましょう。

という事で、本日のテーマは【積立投資と資産運用で一生涯の年金を作る】です。

誤解している人が多い2000万問題

最近、知人や友人から「2000万作るためにどうすれば良いか」の質問が増えました。

ただ2000万という金額だけが注目されて、本質を見失っている人が多いなという感じがします。

これは2000万が足りないのではなく、毎月5万円の不足だと言う事です。

夫婦2人の生活費が毎月25万程かかるのに対して、年金額が月20万ほど。

毎月5万の不足を12ヶ月で年間60万

これを30年生きるとして60×30=1800万

その他もろもろで200万

合計で2000万です。

したがって、重要なのは2000万準備するのではなく、毎月5万の不足をどう対処するかなのです。

貯蓄では難しいから投資を使う

「でも、毎月5万って言っても貯蓄をして、取り崩すしかない」と考えている人も多いでしょう。

仮に貯蓄で2000万を作ろうとすると、25歳の人なら65歳までとして毎月の貯蓄額は

2000÷(65-25)=2000÷40=年50万=月42000円

35歳なら月56000円

45歳なら月83000円

となります。

なかなか大きい支出ですよね。

若ければ額も少なくて済みますが、将来の年金額が下がっている可能性も高くなるので安心できません。

そこで、投資を利用します。

25歳の人が65歳まで年5%で積立投資をして2000万を作る場合、毎月の積立額は17000円ですみます。

35歳なら30000円

45歳なら55000円

どうですか。少し現実的になったのではないでしょうか。

複利と時間の力を借りることで、毎月の支出額をこれだけ下げることが出来るのです。

毎月5万の年金を作るだけなら1万でも?

それでも「生活費がギリギリでこの金額は辛い」という人もいるでしょう。

私の知人にも「毎月1万でなんとかならないか」と言われました。

そこで運用しながら年金を貰う方法を考えてみました。

知人の年齢は25歳、65歳まで40年あります。

毎月1万を年利5%で40年間、積立投資をすると約1180万になります。

かなり増えましたが、まだ2000万には足りません。

そこで、この1180万を5%で運用しながら、年間60万(月5万×12ヶ月)を引き出したらどうなるか。

1180万-60万=1120万⇒5%運用すると1164万

次の年に1164万ー60万=1004万⇒5%運用で1148万

この様に運用しながら取り崩していった場合、35年間は暮らしていけることになります。

35年間あれば100歳までは不足なく生きられる事になりました。

ただ、これはあくまで年利が安定的な場合ですし、将来的にはインフレもしているはずですので、高い確率で若い世代は不足額が月5万よりも多くなるでしょう。

ギリギリを狙わず、早いうちから余裕を持って資産形成を始めていきましょう。



 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


にほんブログ村




PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.