サブリースは一生安心…ではない

サブリースは一生安心…ではない

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人と不動産投資の話をしていた時「サブリースつけておけば、もう安心なんでしょ?」と言われました。

サブリースは家賃保証という意味合いで使われることは多いのですが、一生保証というわけではありません。

契約内容なども確認は必要になるでしょう。

ということで、本日のテーマは【サブリースで一生安心…ではない】です

サブリースの本来の意味は、家賃保証じゃない

不動産投資の不安として、空室での無収入があります。

そこで多くの業者が提案するのが「サブリース」です。

サブリースとは本来「又貸し」のことです。

物件を業者が大家から借りて運用する。

その賃貸料として月いくら払いますよ。という契約です。

したがって、本来の意味では「家賃を保証する」ものではありません。

毎月又貸し料が入ってくるので、家賃保証という意味合いでも別に良いのだとは思います。

ただ、せっかく家賃保証として契約したのに、すぐ値下げ交渉をされたり、過剰な施設投資を求められたり、解約しにくい条件をつけられたり、悪質な業者もいます。

購入や契約の前には、その契約がどうなっているのか。不安点や疑問点がないかも確認は必要でしょう。

ずっと同じ金額でサブリースが続くわけではない。

誠実で信用できる業者であっても、家賃保証が一生続くわけではありません。

それは、どうしても年数が経ってくると、業者が頑張っても同じ家賃を維持するのが難しくなってきます

業者も仕事なので、善意で保証をつけてくれる訳ありません。

運用が上手くいかなければ、結局は大家さんにもリスクがきます。

しかし、どうしても物件価値が下がってしまいますが、サブリースや家賃価値などの下がり方は、業者によっても違ってきたりもします。

その点でも、信頼できる管理業者か、大家さんの目で確認する事が必要になります。

業者選びも不動産経営業務だと認識して、リスクを減らしていきましょう。

脅すような事を書きましたが、本来サブリースはしっかりと運用していけば、みんなの利益になる素晴らしい方法なので、良い管理会社を見つけていきましょう。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.