民泊のデメリットとは何か?

民泊のデメリットとは何か?

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、民泊の何が良いのかお客さまに聞かれた際に「デメリットって何があるんですか?」とも聞かれました。

メリットもあればデメリットも当然あります。

では、民泊のデメリットとはどういったものがあるのでしょうか。

ということで、本日のテーマは【民宿のデメリット】です。

メリットもあればデメリットも有る

今年の法改正で認知度の上がっている民泊ですが、以前メリットについてはコラムで記事にしました。

参加や撤退がしやすかったり、単価が比較的高かったり、空き家や空き部屋の有効活用が出来たりと、沢山のメリットがありました。

そんな民泊ですが、デメリットは何があるのでしょうか。物事はメリットもあればデメリットもありますが、デメリットと感じるかは人によって変わってくるので、始めてから後悔をしないように、しっかりとメリット・デメリットを認識してやり始めましょう。

民泊には、どんなデメリットがあるのか?

まず、収入や稼働日数にバラつきがあることです。

不動産投資の家賃収入では、一度入居者が決まってしまえばある程度、定期的に決まった収入が入ってきますが、民泊は普通の宿泊施設と同じように利用があれば収入になり、なければ収入はありません。

時期や土地柄などにもよって稼働率の増減がありますので、繁忙月の収入をベースに考えてしまうと、閑散月に収支が厳しくなる可能性もあります。

また、民泊は利用者は不特定多数の人になるので、マナーやモラル、文化などが違いトラブルになることもあります。汚損や物損など原状回復で予定外の出費になるかもしれません。

その為に「これは当たり前だろう」という考えは止めて、しっかりと説明・確認することを徹底すること、また代行会社や保険会社による保証サービスを活用するのも良いでしょう。

他には、他の入居者・管理組合とのトラブルもあったりします。

マンションの一室などの場合、他の入居者や管理組合とトラブルになることがあります。

管理規約によっては「民泊禁止」の規約がある場合もあるので気をつけましょう。

トラブルを避けるためにも、管理規約や住人間でのルールなどは把握しておく必要があるでしょう。

さらに、賃貸で行う場合は、貸主の了解を取っていないと強制解約になる場合もあります。

せっかく家具家電を揃えても、元を取らないうちに追い出されたのでは仕方ありません。

転貸の可否、民泊利用の可否などは確認しておくようにしましょう。

また、民泊は1回の利用ごとに清掃や代行費などが必要になるので、ギリギリの価格設定をして、経費を払うとマイナスにしかならない。となってしまわないように、諸経費も踏まえて価格設定していきましょう。

メリットとデメリットを比較して考える。

以上のようなデメリットがありますが、しっかりとリスクヘッジをしていけば、そこまで大きい損失にはならないと思います。

デメリットとメリット、両方を比較してメリットの方が大きいかどうか。やった方が良いかどうか。どんな計画でやっていくのか。

総合的に考えて判断していきましょう。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.