みんなで泊まれる家が良い

みんなで泊まれる家がいい

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、知人から「最近は民泊も競争率が上がってきているから、物件を考えないといけない」と聞きました。

合法となり、より活発になっている民泊ですが、活発になるということはライバルが増えるということでもあります。

ライバルに差をつけるためにも、民泊も物件を選んでいきましょう。

ということで、本日のテーマは【みんなで泊まれる家が良い】です。

需要は上がっているが供給も増えている

今日本ではオリンピックの影響もあり、政府の予想を超えて外国人観光客が訪れています。

そして、その多さに宿泊施設が追いつかず、需要が上回っている状況にあります。

そこで活躍するのが、民泊になります。

宿泊施設の取れない旅行客にとっては、民泊が増えることによって宿泊でき、政府としては取りこぼしていた経済効果を確保することが出来ます。

しかし、これだけ需要が増えてくると、それに合わせて供給も大きく増えています。

競争相手が増えるということは、同じような物件では他のライバルに埋もれてしまいます。

利益をしっかり得るために、ライバルの物件と差別化を図り、稼働率の高い物件を選んでいく必要があります。

供給できていない部分は何か

では、差別化を図れる物件というのはどういったものなのでしょうか。

まずは土地柄に合っているか。みなさんもそうだと思いますが、旅行にいく時は観光と思います。

そして、大体の人はその観光地らしい宿泊所に泊まると思います。

したがって、宿泊所も観光の1つとして見せられる物件は選ばれやすいでしょう。

現在ある民泊施設は、ワンルームの転貸や不動産投資の空室対策、自宅の空き部屋利用が多く、多くが一人世帯用の物件となっています。

外国人旅行者は親族で訪日するなど、大人数で旅行に来る場合がありますが、現在はそこに対して供給できている物件は少ないです。

また、民泊は民家を利用しているため、クオリティはホテルに及びません。

ですが、ホテルのような施設を希望しつつも諦めている旅行者もいます。

したがって、オフィスや広い居室の物件、ホテルのように高級な物件などの民泊施設も有利になってきます。

ただ泊まれればから、ここに泊まりたいへ

現在の民泊は、供給が過多な状態でもありますが、供給が追いついていない部分もあります。

利益や自身の都合もありますが、これから高い競争率の中でライバルと差をつけていくためには、借り手の目線で宿泊したいと思えるような物件・サービスを考えていく必要があるでしょう。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.