ワンルーム投資の注意点

ワンルーム投資の注意点

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、お客様から「まずはワンルームから始めてみようかと思いますがどうですか。」と質問されました。

ワンルームでもファミリーでもアパートでも、収益が出るのであれば問題ありません。

ただ、価格が低いからワンルームから始めてみよう。だと注意が必要かもしれません。

ということで、本日のテーマは【ワンルーム投資の注意点】です。

不動産投資は物件が沢山

不動産投資では、物件選びがとても重要になります。数もとても多いですし、全く同じ物件というものは存在しません。

その物件選びで成否が決まってしまうとも言われる大事な作業なので、しっかりと選別していく必要があります。

近年ではワンルーム投資が多く、業者も増えてきているので「不動産投資=ワンルーム」というイメージの人も多いのではないかと思います。

ですが、ワンルーム投資は今では少し不利な物件になったと思います。

ワンルームマンションの現状

ワンルーム物件が不利になってきたと書きましたが、なぜでしょうか。

ワンルーム投資は物件価格が比較的低めで、その割に家賃が高く利回りが良いので不動産ブームにのって大量に増えました。

しかし、物件が大量に増えたということは供給数が極めて多くなり、ライバル数もかなり多くなるということです。

競争率が上がるということは、価格競争がおこり家賃の下落リスクが上昇しますし、そもそも空室になってしまうリスクも上がります。

また都心から少し離れれば、都心のワンルームの価格とそう変わらない家賃でファミリータイプが借りれたりします。

職場から多少遠くてもゆったり暮らしたい人などはそちらに流れてしまいます。

もちろんワンルームでも収益をあげられる物件はありますし、全てがダメではありませんが、ただ「安い」や「利回りが良い」だけで選ぶと逆に損失を出しかねません。

出口まで考えて判断する

ワンルームでも、もちろん収益の上がる物件もありますし、毎年黒字の大家さんも多くいますので、ワンルーム自体がダメということはありません。

ただ、参入価格の低さを重視すると思わぬ損失になってしまうかもしれません。

というのも不動産投資に限らず、投資をする際には損切りラインや売却計画など、出口の戦略が大切になってくるからです。

いくら参入がしやすくても、最後に損失で終われば負けになってしまいます。

そういった意味でも、価格の低さや最初の利益の良さに惑わされず、冷静に長期的判断をすることが必要となるでしょう。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.