民泊でも【おもてなし】は重要

民泊でも【おもてなし】は重要

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、民泊をしている知人と話をしている中で「民泊も旅館と一緒でおもてなしが必要だよ」と言われました。

競争率が高くなった民泊では、ただ部屋を準備するだけでは選んでもらえなくなってきました。

旅館などと同じように、選んでもらえる強みが必要ですね。

ということで、本日のテーマは【民泊でも【おもてなし】は重要】です。

日本は良い国だと褒めてもらえるが不満もチラホラ

観行庁の情報を見ると、外国人旅行者の大半は日本に満足してくれています。

ネットでも日本を褒めてくれているコメントなども多く見かけます。

ただ、それとは逆に日本だからこその問題点もたくさん上がっていることも事実です。

その問題の中で、宿泊施設に対する問題点も多数出ています。

ただ泊まれるだけで良かった民泊は終わった。

ここ数年で訪日外国人の数は一気に増え、国として宿泊施設が足りない状況に苦労しています。そんな中に出てきた民泊サービスは足りない宿泊施設を補うのに大変効果をもたらしました。

しかし、そこで民泊サービスが儲かると人気が出たため、急激に物件数が増え競争がかなり激しくなってきました。

現在では、ただのワンルームマンションの一室で、泊まれれば良いだけの民泊は稼働率が下がってきています。

そこは結局はビジネスなので、競争により利用者に満足してもらえる所が強いのは当然の結果でしょう。

選べるほどに増えた民泊。地域や特色で勝負が必要。

何の変哲のない普通のワンルームマンションの民泊は供給過多により競争率が激しくなってきました。

泊まれる所が増えた事によって、今までは選べなかった宿泊所を選び始める事が出来るようになりました。

同じような物件ならば安いほうが良いでしょうし、同じ値段なら付加価値のある所を選ぶのは当然です。

現在の宿泊所では、観光地付近などの地域性のある民泊は好調です。

地域的な優位性を手に入れるのはこれからの民泊では重要になっていくでしょう。

しかしそれも、新法案が出来たことで物件が増え、競争率が高くなると稼働率が減ることも考えられます。

そうなれば、各部屋ごとの特色を出していくことが必要になってきます。

民泊でも【おもてなし】で旅行者目線で考える。

現在、訪日外国人の方たちが困っていることには、「Wi-Fiスポットが少ない」や「案内が少ない」「部屋が小さい」「言葉が通じない」「キャッシュレスに未対応な所が多い」など多々あります。

私の友人も一時期、日本で暮らすほど日本が好きでしたが、最初に観光で来た時には困ることが多かったと言っていました。

こういった不便さや、不安を解消できる民泊事業者には評価やリピートがついてくるでしょう。

民泊に取って「外国人旅行者」は大変大事な存在になります。もちろん日本人の利用者もいると思いますが、外国人の利用無くしては民泊事業は衰退するでしょう。

ぜひ日本人の当たり前や常識に偏らず、日本人目線ではなく「旅行者目線」でおもてなしをし、事業を伸ばしていきましょう。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.