持ち家か、賃貸か。

持ち家か、賃貸か。

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、友人が「持ち家は負担になるから一生賃貸で良い」と言っていました。

昔は「持ち家は資産」や「一国一城の主」といった考えが多数を占めていましたが、最近では賃貸派の人も多くなってきましたね。

どちらにも良し悪しがあるので、生活スタイルに合わせて上手く選択していくことが大事になりそうです。

ということで、本日のテーマは【持ち家か、賃貸か。】です。

持ち家派と賃貸派の論争が盛り上がっている

一昔前(ふた昔くらいかも…)には持ち家を買ってしまえば、資産になるので住宅は買った方が良いという考えが浸透していました。

しかし、現在はそうとも言い切れません。

現在では物件の資産価値も不安定ですし、持ち家には維持や修繕など色々とお金もかかってきます。

また自宅の全てを自分で管理し続けることも大変です。

その点で賃貸であれば、管理費を毎月払っていれば管理は人任せで済みます。

また、いくらでも生活や好みに合わせて住宅を変えることが出来ます。

こういった内容で、持ち家と賃貸どちらが良いかと言う議論が盛り上がっている。

実際、持ち家と賃貸はどちらが良いのか

最近では、若干賃貸派が多くなってきているかなという感じです。

大きな理由としては、「持ち家は修繕や固定資産税など維持にお金がかかる」、「転勤や家族構成の変化、生活の変化への柔軟な対応ができない」「住居購入分を違う投資などに回せる」などです。

世間的には賃貸有利な感じがありますが、実際に考えるにあたっては、その人の生活や環境、何を求めるかによって付加価値が変わるため、判断は難しいです。

所有物という満足感がコストを上回る場合もありますし、借り物では実現できない希望があるかも知れません。

資産価値という点で考えるならば、条件付きで持ち家

上のように、各々の状況で変わってくるのですが、資産価値ということで考えるなら条件付きで持ち家だと思います。

結局、賃貸は掛け捨ての商品になります。どんなにお金をかけても自分の所有物にはなりません。しかし、持ち家であれば自己所有物になります。

ローン返済後に家賃収入を得ながら自分は賃貸に移り、差額を得ることが出来ます。

転勤時に賃貸し、自分の賃貸と差し引き安く住むことも出来ます。

物件価値が上がれば、売却益を得て新しい物件を買うことも出来ます。

自身が重視するものは何か考える

しかし、最初に条件付きと言ったように、全てがこうなるわけではありません。

条件として「資産として利用できる価値のある」ことが必要です。

そういった点では、自身の好みは余り反映されないので、元から投資用の不動産を買った方が良いと思います。

結局は、何を一番重視するかによって住宅選びは変わってきます。

大きい買い物である不動産。色々な要素を考えて判断していきましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.