不動産投資でよく聞く減価償却とは

不動産投資でよく聞く減価償却とは

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、お客様から「減価償却ってよく聞くけど何に使うんですか?」と聞かれました。

減価償却は不動産投資だけでなく事業でも使う大事な経費です。

しかし言葉が難しいからか、みなさん積極的に理解しようとしませんが、手元のお金を増やすのに大事なものになるので理解しておいたほうが良いでしょう。

ということで、本日のテーマは【不動産投資でよく聞く減価償却とは】です。

減価償却とはなんなのか

減価償却とは、長期使用される資産の取得金額を使用可能期間で割って、毎年経費として計上できるものです。

企業や自営業の方などは、設備投資などでご存知かと思います。

例えば100万円の機械で10年使えるものであれば、毎年10万円が経費に出来ることになります。

経費になるということは、その分所得金額から差し引くことが出来ます。

では、それが不動産投資とどう関係があるのでしょうか。

不動産の建物金額が経費になる

不動産投資では節税の効果があるという話は、いたるところで業者や新聞などが説明してくれています。

その通り、不動産投資では節税効果が期待できます。そこで大きく関わってくるのが「減価償却」です。

不動産投資では、建物金額を減価償却として計上できます。

なぜそれが良いかというと、不動産投資の物件購入金額はローンで支払っています。

そして、そのローンは家賃収入でまかなっています。

したがって、自分でお金は出していないのに建物の金額を支出として計上できるので、その分の金額が節税効果につながるのです。

不動産投資と減価償却は相性がいい

さらに、不動産は物件価格が高額なので、減価償却での計上も高額になります。

減価償却は耐用年数などにもよって変わり、木造が短く鉄骨鉄筋などは長くなっています。

また、中古物件であれば築年数によって残りの償却期間が変わってきます。

そのため、減価償却や物件価格を考えながら物件の選択や購入時期などを判断していくと、効率的な節税が可能になります。

減価償却をマスターして、最大限のキャッシュフローを生み出しましょう。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

 


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.