投資を悪いものと思ってしまう人

投資を悪いものと思ってしまう人

みなさま、こんにちは。DSKです。

最近、知人と話していて「汗水たらして稼いだお金以外は悪いお金」だと感じている人が多いなと感じました。

もちろん、楽してお金は入ってこないのですが、労働賃金=良という価値観を持ち続けることは危険だな。と思います。

ということで、本日のテーマは【投資を悪いものと思ってしまう人】です

日本人は預貯金割合が高い

近年、投資や資産運用といった言葉が様々なところで言われるようになりました。

政府も以前より「貯蓄より投資へ」と呼びかけています。

NISAやiDeCoなど投資環境も整ってきました。

しかし、これだけ世間で叫ばれているのに、日本は現金預金派の方が多数を占めています。

なぜなのでしょうか。

安全第一の国民性

日本人は基本的に保守的で堅実です。

お金の事以外にも、リスクを取るということがなかなかありません。

例えば、学校の受験では担任に「ここなら狙える」と安全圏を教わり、就職活動では「安定した大手に入りたい」と業務内容より会社名で選びます。

対人関係でも大多数の方が人見知りをし、意見を言って対立するより波風を立てないように動きます。

決してそれが悪いわけではなく、日本人の良い所でもあり美徳でもあります。

日本の信用が高いのも、堅実性のおかげでしょう。

しかし、それが逆にリスクを高めていることもあります。

リスクをとらないリスク

リスクを取らないことがリスクになる。どういったことでしょう。

何かを得ようとする時は、何かを捨てなければなりません。

何か資格を取るためには勉強の時間を、転職をするには退職を、高級な物にはお金を、という具合に、価値のあるものには対価があります。

これは投資も同じで、金銭を提供しない限りリターンはありません。

それはみんな分かっているし、投資をしなければと感じている人も多くいます。

ですが、なぜか投資には消極的な方が多いです。

投資=悪いもの。という誤解。

日本人には「お金とは汗水たらして手に入れるものだ」という考えが根付いています。

また、お金に関しての教育を受けていないので、投資はコントロールするものだということを知りません。

そのため、「投資で稼いでいるなんて運がいい」とか「なにか悪いことをやっているんじゃないか」と考えてしまうのです。

投資とは、決してギャンブルでもなければ楽してお金が入るものではありません

稼げている人は、稼げるようになるために時間やお金を使っているのです。

ですが、汗水たらしたお金でないと罪悪感を持つ人がいるようです。

庶民的な人ほど投資が必要な時代に

日本人は投資に苦手意識があります。ただ、そうも言ってられない時代になりました。

今までは投資で稼いでいる人を横目に、一心に働けば良かったかも知れません。

しかし現代は人生100年時代となり、老後のことも考えると庶民的な人ほど投資や資産運用が必要な時代です。

投資への苦手意識や罪悪感が根強く残っている国民性ですが、もともとの勤勉な国民性を活かし、時間とお金を使って資産形成をしていくことが必要でしょう。

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.