メリット話ばかりの業者に注意

メリット話ばかりの業者に注意

みなさま、こんにちは。DSKです。

先日、実家で親と話をしていると「最近は不動産投資の営業電話がよくかかってくる」と言っていました。

確かに不動産ブームもあってか、私にも営業の電話が来たりします。

基本的に話を聞いてみるのですが、出口やキャッシュフローより利回りや節税の話をする業者が多いように感じました。

節税や利回りはあくまで不動産投資の一部です。表面的な部分だけを重視するのは危険だな。と思います。

本日のテーマは【メリット話ばかりの業者に注意】です。

不動産投資は沢山のメリットがある

不動産投資が多くの方から支持されている理由の1つに、メリットの多いことがあります。

一番注目されるのは「節税効果」です。

不動産投資は多くの項目が経費として計上することが出来ますし、他の所得との損益通算も出来ます。また現金で持っているよりも相続の面で有利でもあります。

また、「団体信用保険」もメリットとして大きいものになります。

契約者が亡くなった場合には、不動産所得はそのままに返済金額がなくなります。

残された遺族に負債を残す事がないので、これがあるから契約したという方もいます。

他にもメリットはありますが、あくまでそれは不動産投資に付随したメリットでしかありません。

不動産でいちばん大事なのはキャッシュフローを黒字にすることです。

不動産投資の柱となる目的は何でしょうか。

節税も、保険も資産を増やし、それを確保することではないでしょうか。

いくら節税できても手元に残るお金が少なくなれば本末転倒です。

団体信用保険に入っているから資産を残せると言っても、毎月赤字が大きく、その分を違う投資に回せていたら、より大きな資産を残せるかもしれません。

これらは前提として「キャッシュフローが黒字」になっていて初めて効果のあるものです。

メリットの話だけの業者には注意

上記の通り、どんなに素晴らしいメリットも前提としてキャッシュフローが黒字でなければ意味がありません。

ですが、黒字にする自信のない会社や、お客様の利益を考えない業者はメリットの話だけをして丸め込もうとします。

物件の利回りの話だけや、メリットの話だけなどという場合は、一度冷静になってキャッシュフローが出るか確認しましょう。

正直でお客様の利益を考える業者を選ぶ

当たり前だと思うかもしれませんが、本当に当たり前であればここまで「不動産投資で失敗した。」という話は出てこないと思います。

人は自分を否定されたくないので、否定されない相手を求めたりします。

良い業者というのは、「はっきりとNOを言う」ので、そういう場合に嫌われることが多々あります。

本当は会社としてはYESで売れるなら、その方が良いのです。

それでも、「正直に、お客様の利益を考える」ことを優先するためにNOをいうのです。

ちゃんとした業者と、キャッシュフローが出る物件なのかを検討して、ぜひ素敵な物件を手に入れてもらいたいと思います。

 

 

LINE@友達追加↓役立つ知識やセミナー情報などを配信しています!

友だち追加

↓この記事が「いいね!」と感じましたら、下のバナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


PageTop

Copyright 2017 株式会社DSK All rights reserved.